横浜の臨床心理士によるカウンセリング、精神分析的心理療法、CBT、EMDR等で鬱やトラウマを改善。初回無料。23時まで開室。土日祝開室。

心理オフィスK

-横浜の臨床心理士によるカウンセリング-

(神奈川県横浜市港北区の菊名駅から徒歩2分)

カウンセリングの申し込みは電話(045-717-5687)
もしくはinfo@s-office-k.comメールアドレス



> ホーム > 論考 > カウンセラーの万能感について

 

新着情報(論考)

過去のお知らせや日記、雑記、論考、書籍の書評を掲載しています。

更新を随時受け取りたい方は以下のRSSフィードを登録してください。RSS配信中RSSフィード


カウンセラーの万能感について

 長谷川先生外部リンク日本臨床心理士資格認定協会外部リンクや理事会に対するツイートから考えたことを書きます。そのツイートとは以下の通りです。

長谷川博一 @hanycafe外部リンク

あちこちの臨床心理士(理事も含む)を渡り歩き、信頼関係すら形成できず私のセンターに辿りつく人が後を絶たない事実を、資格認定協会並びに理事会は重く受け止めてほしい。所詮「肩書に過ぎない」と人々が諦めてしまう前に。そうでないと公認心理師に淘汰され、その肩書も通用しなくなることに懸念。(2017年9月19日7:52)

https://twitter.com/hanycafe/status/910154699172483073外部リンク

 他所の臨床心理士やカウンセラーのカウンセリングに失望して、僕のところにもカウンセリングを希望される方はかなり多いです。彼ら/彼女らの話を聞いていると、確かにその援助方法はどうなんだろうと思うこともあります。

 しかし、その多くは相性やニーズの受け取り違いに起因するように思えます。

 そして、中には、いわゆる大御所やベテランのカウンセラーから流れてくる方もいます。それは僕が優秀だからとか、良いカウンセラーだからというよりは、ある種の関係性によるのだろうと思います。

 裏を返せば、僕の面接に失望して、他所に行かれる方もそれなりに多いでしょう。

 それはお互い様とでも言える現象かもしれません。なので、前のカウンセラーについては、よっぽど倫理違反PDF外部リンクを犯してない限りは批判することはせず、それはそれとして、関係性のある一面という程度に僕は理解して話を聞いています。

 他所のカウンセラーのカウンセリングは不出来だが、こちらでは良いカウンセリングができる、とするのはカウンセラーのナルシスティックな万能感であるの言えるかもしれません。

 話題が違う蛇足ですが、長谷川先生がおっしゃることが事実であるなら、ネットで検索できる情報をツイッターで書いただけで守秘義務違反というのを少し無理があるようにも思います。実際にはどういうことがあり、どういう議論で、臨床心理士停止処分となったのかは分からないので、憶測にすぎませんが。

公開:2017年9月23日 更新:2017年11月27日

論考   2017/09/23   北川 清一郎

ホーム | 案内 | 自己紹介 | 相談内容 | 技法 | 研修 | 企業向け | 料金 | 開室時間 | Q&A | 実績 | 相談の流れ | アクセス(横浜) | 商取引表記 | プライバシーポリシー | 問い合わせ | 新着情報 | blog外部リンク | twitter外部リンク | facebook(個人)外部リンク | facebook(オフィス)外部リンク | sitemap


twitterボタン フェイスブックいいね フェイスブックシェア google+ はてなブックマークボタン LINEボタン

カウンセリングのお申し込みは電話(045-717-5687)・メール(info@s-office-k.comメールアドレス)・メールフォーム

Copyright (c) 2015 - 2017 Psychological Office K All Rights Reserved.
〒222-0021 神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-17 ライラック103号,045-717-5687
Photo by Pawel Pacholec and Gianni Cumbo


▲TOP