【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

中高年の引きこもり「8050問題」について考える

8050問題の哀しい真実

8050問題とは、80歳代の親と50歳代の子供が共同生活することによって生じる経済的、身体的、精神的な問題のことです。50歳代の子どもが経済的や精神的理由で引きこもりになり、親の年金に依存していることがあります。そうした状況の中で、親の老化により健康障害が進行することで経済的や精神的に逼迫し、社会的孤立や時に家庭内暴力が進行する可能性もある非常に根深い社会問題です。

ここではこの中高年の引きこもりや8050問題について書いています。

1.「8050問題」とは

8050問題とは、80歳代の親が50歳代の子供の経済的支援や生活の面倒をみているものの、この先親のさらなる高齢化や介護負担とともに共倒れとなることが懸念されている社会問題を指します。

引きこもりの原因は、精神疾患・離職・経済的貧困など将来の生活に見通しがたたないことが多いです。引きこもりは家庭内の閉鎖社会での出来事であるがゆえ、第三者による介入が遅れ事件に発展するまで顕在化しないこともしばしばです。

解決の糸口として、厚生労働省の推進するひきこもり地域支援センターやNPO法人などの引きこもりに対する支援活動にカウンセリングを受けるなど第三者による協力や介入が状況改善に有用です。趣味やカウンセリングで引きこもり側の精神的負担を軽くすることは大切なものの実際には難しいケースの方が多いのが実情です。

また一般的な引きこもりについての詳細は以下のページをご覧ください。

引きこもりのカウンセリング・相談
引きこもりとは病気や怪我ではないにも関わらず、人と会ったりすることを避け、自宅や自室に居続けてしまうことを指します。引きこもりの心理や原因には自己愛や万能感が関係しています。引きこもり脱出のためには家族への支援が必要です。

2.現在の引きこもり人口

2019年3月に内閣府が発表した調査報告から、全国の市町村に40~64歳までの全4235万人のうち、推定61.3万人(約1.45%)が引きこもりと推測されています。 従って、100人あたりに1-2人程度は、引きこもりが存在することになります。

尚、2016年の15~39歳に対する動揺の調査では、約1.57%が引きこもりでした。

3.8050問題の原因

8050問題の原因は、「50歳代側」の経済問題です。息子や娘が、高齢の親の年金に依存しないと生きていけない経済的状況なのです。近年の不況などもあいまって、貧困による社会的孤立は進行し、長期化した結果、引きこもりになります。

幼少期の学校や職場などでの人間関係のつまづき・家庭環境・発達障害・知的障害によりストレスを感じやすい気質になっているとの関連の報告もあります。寿命の延長・経済的不況による就労の制限・生涯未婚率上昇・ストレス社会などはこの問題の深刻化に拍車をかける一因になります。

4.8050問題が引き起こす深刻な未来像と対策

8050問題の抱える未来像として、親世代と子どもとの生活の中で、子ども側の親への屈折や歪んだ感情や、自己への内包した怒りやフラストレーションが残酷な事件を引き起こすケースも散見されます。高齢者虐待・親族間での殺人に繋がり顕在化するケースもあとを立ちません。

経済的に自立していない引きこもりの息子が両親の介護を担うことは不可能で、ヘルパーやケアーマネージャーとの連携が大切です。また8050問題の引きこもり家庭への、悪質な詐欺・勧誘被害の報告もあり、深刻化する前に身近な親族や第三者機関へのサポート依頼なども大切でしょう。

5.中高年の引きこもりや8050問題からの脱出

(1)脱出にむけた支援

就労ありきの姿勢でのサポートは、逆効果になるケースも少なくありません。特に引きこもりの背景に幼少期のトラウマや発達障害などがある場合、カウンセリングで生きづらさを感じ始めた時期などを話し合うことが心理的負担の軽減の糸口になります。また、趣味や特技を就労につなげてあげる提案なども、経済的不安解消に向けて有用でしょう。

(2)社会保障制度の利用

80歳代側の身体的な状況をサポートするために介護保険を導入し、50歳代側を経済的な支援策として生活保護等を取り入れる両面からの制度利用が必要です。8050問題を抱える家族は、家族だけでは公的なサポートを申請することが難しく、時にはNPO法人や地域のサービスセンターにも相談することを身近な人が提案してあげることも大切です。

早期発見や早期介入が脱出への近道です。

6.中高年の引きこもりや8050問題についての相談やカウンセリング

8050問題は、第三者による早期発見・早期支援の介入が大切です。現代の日本のストレス社会の生きづらさは、一旦レールからそれてしまうと戻りにくいことです。自己防衛のために引きこもる可能性は誰にでもあり特別なことではありません。

8050問題は、このまま社会保障やサポートが不完全なまま進行すると「9060問題」に発展していくでしょう。その多くのケースで、閉鎖された家庭という小さな社会で当事者間のみでは解決できないことの方が多く、自分にあったサービスを第三者に協力を求める勇気が大切です。

こうしたことを食い止めるために、専門家に相談し、カウンセリングを受けることはとても大事です。当オフィスでも中高年の引きこもりや8050問題についての相談やカウンセリングをしています。ご希望の方は以下のページからお問い合わせください。

カウンセリング申し込みフォーム

【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
社会問題
フォローボタン
心理オフィスK