コンテンツへ移動 サイドバーへ移動 フッターへ移動
〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町311-1アークメゾン菊名201号

パーソナリティ障害のカウンセリング・相談

困りものという視点から困っている人という視点に

パーソナリティ障害についての原因、診断、種類、治療、カウンセリングなどを解説しています。カウンセリングのプロセスが非常に困難になることが多いですが、それなりの対応をすることも改善も見られます。

1.パーソナリティ障害とは

困った人?トラブルメーカー?として、今現場で特に大きなトピックとして注目されています。自傷行為、過食嘔吐、情緒不安定、対人トラブル、犯罪、児童虐待、DVなどの関連で見られることがあります

とくに有名なのが境界性パーソナリティ障害です。境界性パーソナリティ障害についての詳細は以下をご覧ください。

2.パーソナリティ障害の歴史

パーソナリティ障害は以下の経歴をたどり、現代に至っています。

  1. ライヒの衝動性格。
  2. シュナイダーの精神病質人格。
  3. 1953年Knigt,Rが初めて境界状態として記述。
  4. 神経症だと思って心理療法をしていくと徐々に破綻していく。
  5. 神経症と精神病との間としての境界例。
  6. 一つの疾患単位としての境界例。

3.パーソナリティ障害の原因

パーソナリティ障害の原因には複数の仮説があり、その主が以下の3つです。

  • 母子関係
  • 脳機能障害
  • 外傷性トラウマ

4.パーソナリティ障害の精神病理

悲しんでいる男性精神分析の領域では以下の4つがパーソナリティ障害の精神病理として取り上げられています。

  • カーンバーグ:境界人格構造。同一性の障害、現実検討力、原始的な防衛機制(分裂、否認、投影同一化)
  • ジェラルド=アドラー:欠損感覚、記憶障害
  • マスターソン:見捨てられ不安
  • グリンカー:怒りや抑うつといった感情障害、情緒的対人関係の欠如、自己同一性の欠如

5.パーソナリティ障害の鑑別

パーソナリティ障害との鑑別が問題になるのは以下が挙げられます。

  • 統合失調症
  • ADHD
  • 自己愛人格障害
  • 演技性人格障害
  • 反社会性人格障害

6.パーソナリティ障害の問題

ベランダでうなだれる女性パーソナリティ障害が背景に潜んでいる可能性のある病気や問題を以下に列挙しました。詳細は以下のそれぞれのリンク先をご参照ください。

7.パーソナリティ障害の治療

階段で泣く女性パーソナリティ障害の治療は生物、社会、心理の各側面から総合的に行う必要があります。それらを以下に列挙します。

  • 全般的マネジメント(アドバイザー、調整役、現実的観点からの指導)
  • 社会的サポート(病院、作業所、デイケア、ハローワーク、生活費援助、家族援助)
  • 薬物療法(抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬、睡眠薬)
  • 心理査定(知能検査と投影法)
  • 心理療法とカウンセリング(信頼関係と依存関係、限界設定、行動化への対処、転移と逆転移、病理の明確化、傷つきに対する共感、育てなおし、抱えること)
  • カウンセラー自身が教育分析や個人分析、スーパービジョンを受ける必要性。

8.パーソナリティ障害の予後

階段を上る女性包括的な研究はありませんが、経験的に40歳をすぎると徐々に落ち着いてくるといわれています。

9.パーソナリティ障害のカウンセリングを受ける

家族のカウンセリングパーソナリティ障害は、ややもするとカウンセリングが大変、問題行動が多いなどと議論されがちです。そのため、「パーソナリティ障害には関わりたくない」という気持ちを抱いてしまうことも多いかもしれません。

しかし、パーソナリティ障害の苦しさやしんどさにどのようなまなざしをに目を向けるのか、パーソナリティ障害の情緒をどのように取り扱うのだとか、といったそういう内面的な苦痛に着目することが非常に重要となってきます。

パーソナリティ障害は大変な部分もありますが、専門家によるカウンセリングで随分と変わってくる面もあります。当オフィスでもカウンセリングを行っております。希望者はご連絡ください。

11.参考文献