コンテンツへ移動 サイドバーへ移動 フッターへ移動
〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町311-1アークメゾン菊名201号

行動活性化療法

アクティビティを上げる

うつ病は、気分が落ち込んで憂鬱になったりやる気が出ないなどの精神症状が起こり、日本では100人に6人程度の割合で発症する頻度の高い精神疾患です。うつ病に対する治療として、薬物療法や認知行動療法などの精神療法が行われることがありますが、近年では行動活性化療法と呼ばれる新しいアプローチの精神療法が提唱され、注目を集めています。

行動活性化療法は、本人の思考ではなく行動を修正することを重視する治療法で、うつ病に対して高い治療効果があることがわかってきています。この記事では、行動活性化療法について、認知行動療法と比較しながら効果や実際の治療のやり方などについて詳しく解説していきます。

1.行動活性化療法とは

泣いている女性と慰めている2人の女性行動活性化療法とは、主にうつ病に対して選択される新しい精神療法の一つで、本人の思考ではなく行動パターンを変えることを重視し、それにより気持ちを軽くして本来の自分を取り戻すことを目的としたアプローチ法です

精神疾患の治療法として薬物治療とともに用いられることの多い精神療法は、患者さんと話をしながら人間同士の交流を通して様々な症状や苦痛に介入する治療法です。主な精神療法には、認知行動療法、対人関係療法や集団精神療法など様々なアプローチ方法があります。この行動活性化療法は主には認知行動療法の中に含まれます。

うつ病になると、「人に会うと傷つくから、部屋に引きこもろう」「仕事探しをして失敗すると嫌だから何もせず横になっていよう」といったように、ネガティブな出来事を避けることが多くなります。これを回避行動と呼びます。回避行動が増えてしまうと、問題解決や目標達成へ取り組もうという意欲が減退したり、積極的な行動が減ったりして、さらにうつ病の症状を悪化させる悪循環におちいることがあります。

この回避行動に主に介入して、本人の行動パターンを変えるように促し、行動から気分を変える「外から内の」活動を実践していくことが行動活性化療法です。具体的には、部屋に引きこもって回避行動を取っている状態から「外に出て散歩することによって少し明るい気分になる」といったように、ネガティブにくよくよ考える思考を前向きな行動によって変えていきます。

このような行動活性化のアプローチ自体は30年以上前から行われていましたが、臨床研究により有効性が認められ、治療法として体系化されたのは2000年代に入ってからという比較的新しいアプローチ法になります。

2.行動活性化療法と認知行動療法の違い

笑っている二人の男性認知行動療法についての詳しい解説は以下をご参照ください。

認知行動療法は、精神療法の大きな柱のひとつでうつ病以外にも様々な精神疾患の治療に活用されているアプローチ法です。認知行動療法では、患者さん本人の感情や行動に影響を及ぼしている極端なとらえ方(認知)を確認して、その偏った思考パターンを修正し、最終的に行動を変容させていく、「内から外への」活動を行っていくことになります。先程の引きこもりの例で考えると、「外に出ることでネガティブな感情になる」ような具体的な行動に対する本人の認識を確認し修正して、外に出られるように行動を変容させていきます。

先に説明した行動活性化療法が、行動が先で気分を変える「外から内の」活動を行っていくのとはこの点が対照的となっています。一般的には感情や気分を変えるより、行動を変える方が簡単であり、認知行動療法に比べ高度な訓練を受けた専門家でなくても実施可能で、コストが安いといったメリットもあります。

3.行動活性化療法の適応や効果

泣いている男性これまで説明してきたように、行動活性化療法の主な適応疾患はうつ病です。ただし、抑うつ状態が重篤であったり疲労が強い場合には休養や薬物治療が優先される必要があり、うつ病の急性期における介入にはリスクが生じる可能性があります。行動活動家療法による介入が有効な条件や状態については今後検討される必要があります。

行動活性化療法はうつ病の治療において高い効果が得られることが国内外の臨床研究によって報告されています。認知療法と比較しても、行動活性化療法が同等または効果が高いということが明らかにされています(Dimidlianら,2006;Dobsonら,2008)。2016年に報告された大規模な臨床研究でも、行動活性化療法は認知療法と同等の効果を持ち、1年後の段階で半数以上の患者さんで大きく症状が軽減した、という報告がなされています(Richardら,2016)。

ちなみに、そもそものうつ病に詳細は以下のページをご覧ください。

4.行動活性化療法のやり方

ジョギングする二人具体的な行動活性化療法の手法としては、患者さん本人が自らの行動とその結果についてより意識できるためにサポートする「ACTION」モデルが提唱されています。

「ACTION」とは、以下の6つのプロセスを表す英単語の頭文字を取ったものになります。

プロセス 説明
Assess 行動がどのように機能しているか評価する 職場に復帰して同僚に会ったときに不安な気持ちになり避けてしまった感情や回避行動を評価する
Choose 活動を選択する 同僚とコミュニケーションを取って仕事を進めていくという行動を選択する
Tryout 選んだ活動に挑戦する 同僚を昼食に誘ってみる
Integrate 活動を生活に取り入れる 同僚と昼食を取ることを習慣とする
Observe 活動の結果を観察する 最初はおそるおそるだったが、一緒に食事をすることが楽しみになってきた
Nevergiveup 決してあきらめない 少し嫌な思いをしても食事をすることを続ける

これらのプロセスは、新しい活動を繰り返し行うという変化のために必要です。

実際の手法としては、日常生活の中で行った活動や活動時の気分を評価できる活動記録表を記入して振り返ることで、気分と活動の関係を理解して、悪循環になる活動や気分の良くなる活動をセラピストともに把握していきます。(例:「ソファで横になっていると、平日に何もしていない自分を責めてしまって気分が落ち込む」「起きてコーヒーをいれると、良い香りで少し気分が良くなった」など)

また、セラピストと相談して活動スケジュールを作成しながら治療をすすめていきます。具体的な活動スケジュールとして、「朝9時までに起きる」「朝食を摂る」「午前中に掃除をする」など、本人にとって必要・重要な活動が選択されます。

5.行動活性化療法を受けたい

自転車と男性行動活性化療法は、主にうつ病に対して用いられる比較的新しいタイプの精神療法です。従来行われていた「内から外に」働きかける認知行動療法と異なり、まず行動を変えて感情の変容をもたらす「外から内に」活動を実践していくアプローチ法を取ります。

認知行動療法と比較して、高度な専門知識や技術を必要としないため導入しやすいにもかかわらず、同等かそれ以上の効果が期待できます。「ACTION」モデルに従って、活動記録表への記入や活動スケジュールを作成しながらセラピストと協力して治療に取り組んでいきます。

心理オフィスKでも行動活性化療法の実施を一部で行っています。希望者は以下の申し込みフォームからご連絡ください。

文献