コンテンツへ移動 サイドバーへ移動 フッターへ移動
〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町311-1アークメゾン菊名201号

ペアレント・トレーニング

親子の絆を深めて

ペアレント・トレーニングは、知的障害や自閉症、ADHDなどの発達障害を持つ子どもに対して行われるプログラムの一つです。親がほめ方や指示などの養育スキルを習得することで、子どもの行動改善や発達の促進を目的としています。元々アメリカで開発されたプログラムですが、最近では日本でも広く行われるようになっています。

ここでは、ペアレント・トレーニングの効果や実際の手法に関して詳しく説明していきます。

1.ペアレント・トレーニングとは

母親と子どもペアレント・トレーニング(ParentTraining:PT)とは、もともとは知的障害や自閉症の子どもを持つ家族を対象に、1960年代にアメリカで開発されたプログラムで、その後ADHDなどの発達障害に対してもプログラムが開発され展開されています。子どもの行動を変容させることを目的として、親がほめ方や指示などの具体的な養育スキルを習得することを目指していきます。専門家による療育などでのトレーニングだけでなく、親が日常生活で子どもたちと適切に関わることができるようになることで、子どもの行動改善や発達促進が期待できます。

日本でも1990年代から、肥前式、精研式、鳥取大学式などの、発達障害のある子どものペアレント・トレーニングのプログラムが発展し、最近では厚生労働省の「発達障害者支援体制整備事業」に関連して、自治体や医療機関、発達支援機関など、様々な場所でペアレント・トレーニングが行われるようになっています。

2.ペアレント・トレーニングの効果やメリット

両親と子どもこれまで多くの研究で、ペアレント・トレーニングによって、子どもの発達を促したり、問題行動を改善させたりする効果があり、親に対しても育児ストレスを軽減させたりする効果があることが明らかになっています。

(1)子ども

子どもの行動に対する効果として、望ましいポジティブな行動が増えたり、問題のある行動を減少させたりする効果が期待できます。具体的には、「学校から帰ったら宿題をする」や「入浴後すぐにパジャマを着る」などの生活習慣に関するポジティブな行動を増やしたり、意欲的に行動に取り組むようになったりします。

逆に、「人前で騒ぐ」や「すぐに人のせいにする」、「片付けない」といった問題のあるネガティブな行動は減っていくようになります。

(2)親

ペアレント・トレーニングは子どもに対する効果だけではなく、育児ストレスを軽減させたり、育児への自信をもたらしたりすることで、親に対してもポジティブな効果を持つことが明らかにされています。これは、子どもを受容し行動を理解しやすくなったことや、子どもがポジティブに行動を変化させたという事実によって親の自己評価が向上したりすることが要因と推測されています。

また、ペアレント・トレーニングは少人数でのグループで行われることから、子育てで孤独感を感じやすい発達障害を持つ子どもの親にとって、同じ悩みを持つ親や支援者と出会い、悩みを共感しながらプログラムの課題を進めていくことができるといった点もペアレント・トレーニングのメリットとなっています。

3.ペアレント・トレーニングのやり方や方法

おもちゃで遊ぶ子どもペアレント・トレーニングは「コアエレメント」と呼ばれる核となる要素をもとに行われます。その説明と、実際の手順についてここでは解説します。

(1)コアエレメントとは

「コアエレメント」は具体的に以下の6つの要素で構成されています。

a.子供のよいところを探し、ほめる

子どものポジティブな行動に注目して、行動の後にほめるなどのプラスな状況をもたらすことができるようにします。課題が100%にできていなくても、25%でもできていたらほめること(25%ルール)が大切です。

b.子供の行動の3つのタイプ分け

子どもの行動を、「好ましい行動」、「好ましくない行動」、「許しがたい行動」の3つに分け、「好ましい行動」にはほめる対応を、「好ましくない行動」には、計画的な無視や指示の工夫を行うことを学んでいきます。

c.行動理解(ABC分析)

子どもの行動を、A「行動の前のきっかけ」、B「行動」、C「行動の後の結果」に分けて、客観的に行動をとらえることを目的とします。(ABCの3つのステップに分けるので、ABC分析とも言われます)

d.環境調整

子どもの周囲の環境を整え、子どもが「好ましい行動」をしやすくなるための工夫を考えます。具体的には、わかりやすいスケジュールやルールを提示したり、子どもに刺激となるようなものを減らしたりします。

e.子どもが達成しやすい指示

「好ましい行動」を子どもに促すために、否定的な感情を抑えおだやかに(C:Calm)、子どもの近くに行き(C:Close)、落ち着いた静かな声で(Q:Quiet)、子どもにわかりやすい指示を行います。この3つの頭文字を取った「CCQ」は冷静な指示を出す上で重要なテクニックになっています。

f.子供の不適切な行動への対応

子供の不適切な行動には注目しすぎず、「計画的な無視(ほめるために待つ)」を行い、少しでも好ましい行動が見られたらほめるようにします。不適切な行動へ対応することで、かえって子どもの不適切な行動を増やしてしまうことがあるため、ほめることをベースにした関わりを定着させることが重要です。

(2)実施の手順

これらのコアエレメントをどのように習得し、実践していくかは対象となる子どもや親の状況に合わせて決定していきます。基本的には、個別で実施するよりもグループでの実施が推奨されており、1回90~120分のセッションを5回以上行うことが目安とされています。

セッションは、4〜8人程度の参加者と1〜3人のスタッフで行われます。スタッフは、プログラムの進行を担うファシリテーターとそれをサポートするサブファシリテーターで構成され、コアエレメントの内容を理解して親にアドバイスしたり、親のこれまでの関わり方を否定せずに子どもに適した関わり方を提案したり、など専門的なスキルを持っていることが必要です

各セッションは講義と演習、ロールプレイで成り立っており、講義で子供の行動への対応に関する知識を得ながら、その内容を演習やロールプレイで実践して、子どもの行動へ対応するスキルを習得することを目指していきます。

セッションは隔週で行われることが多く、各セッションが終わるごとに家庭でホームワークに取り組み、次回のセッション時に振り返りを行います。さらに全セッションが終了したあと、2〜3ヶ月後に「フォローアップ」の回を設け、知識やスキル、親子の良好な関係が長期間定着しているかどうかを評価します

日本では、ここで説明した「コアエレメント」の習得、少人数でのグループセッションに基づいて、精研・まめの木・奈良式、肥前式、鳥取大学式という3つのプログラムが主に行われています。

4.まとめ

子どもと母親ペアレント・トレーニングは、知的障害や自閉症、ADHDなどの発達障害を持つ子どもに対して行われる、子どもの行動変容を目的として親がほめ方や指示などの具体的な養育スキルを習得することを目的としたプログラムです。子どもの発達を促したり、問題行動を減らしたりする効果があるほか、親にとっても育児スキルを軽減したり、育児への自信をもたらしたりなど、多くのポジティブな効果があることがわかっています

実際には、子どもの行動へ対応するための重要なスキルである6つの「コアエレメント」の習得を目指して、少人数のグループセッションを半年程度かけて行っていきます。

心理オフィスKでは正式はペアレント・トレーニングは行っていませんが、そのエッセンスを活用した親面接・親相談は行っています。子どものことについて相談したい、カウンセリングを受けたいという方は以下の申し込みフォームからご連絡ください。

文献