【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

発達障害のカウンセリング・相談

病理か特性か

発達障害は生得的な脳機能のアンバランスさからあらわれる障害です。発達障害の人は、心と身体の成長や発達がうまく作動しなかったりします。その発達障害の原因、特徴、症状、種類、カウンセリングなどについて解説します。

1.発達障害とは

発達障害とは生まれつき思考や行動、感情、知能などに偏りがある障害です。発達障害の症状には、落ち着きがなく動き回ったり、人とのコミュニケーションがスムーズにいかなかったり、特定のことに強いこだわりを示したり、衝動的に行動してしまったりすることなどがあります。

発達障害の特徴として、非常に高度なことを理解し、難しいことをなんなくこなす面がある一方で、簡単な事柄も理解できなかったり、行うことができなかったりします。こうした得意なことと苦手なことの差が非常に大きいことも発達障害の特徴の一つです。

また、幼少期や子どもの時期には発達障害の症状や特徴は目立たないが、大人になってから発達障害の症状や特徴が強くなり、問題となってしまう、いわゆる「大人の発達障害」というのもあります。

発達障害の原因は脳機能の生得的なアンバランスさである、といわれています。以前には養育環境や養育の仕方が悪いと発達障害になるといわれていた時代もありましたが、今では否定されています。また、ある種の環境化学物質やアレルギー物質、特定の栄養素の欠乏などが発達障害の原因であると一部のマスコミや宗教団体が主張することもあります。しかし、現在のところではそうしたことが発達障害の原因であると科学的には確かめられていません。

発達障害には以下の4つの種類があります。

表1 発達障害の4つの種類とその特徴

種類特徴
自閉スペクトラム症(ASD)社会性やコミュニケーションが不得意
注意欠陥多動性障害(ADHD)注意集中ができず、衝動的に行動してしまう
学習障害(LD)読み、書き、計算などの特定の勉強・学習が不得意
知的障害知能が全般的に低い

この4つの種類の発達障害の関係性を図示すると以下のようになります。

発達障害の4つの分類

図1 発達障害の4種類の関係図

この図を見ると、自閉スペクトラム症タイプ、注意タイプ、学習障害タイプはそれぞれ重複して現れることがあります。しかし、学習障害タイプと知的障害タイプは重複はしません。

2.発達障害の特徴と症状

4種類の発達障害のそれぞれの特徴と症状について解説します。

(1)自閉スペクトラム症(ASD)

発達障害の中の1つの自閉スペクトラム症には以下の特徴・症状があります。

  1. コミュニケーションの障害(人と言葉のやりとりをすることが困難)
  2. 社会性の障害(社会的な常識を理解し、その場の状況は把握することが困難)
  3. 想像力の障害(柔軟性がなく、強いこだわりを示す)

発達障害のなかでも代表といえます。この自閉スペクトラム症についての詳細は以下のページをご覧ください。

自閉スペクトラム症(ASD)のカウンセリング・相談
自閉スペクトラム症とは、社会性の障害、コミュニケーションの障害、想像力の障害、感覚過敏などの特徴をもつ発達障害のなかの一つです。

(2)注意欠陥多動性障害(ADHD)

注意欠陥多動性障害とは注意や衝動の問題をもつ発達障害の中の1つです。注意欠陥多動性障害の特徴・症状には以下の3つがあります。

  1. 不注意
  2. 衝動性
  3. 多動性

注意欠陥多動性障害についての詳細は以下のページをご覧ください。

注意欠陥多動性障害(ADHD)のカウンセリング・相談
注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは不注意、衝動性、多動性の問題をもつ発達障害の中の1つです。注意欠陥・多動性障害は脳機能の障害であり、能力のアンバランスが特徴です。落ち着きなく動き回ったり、落とし物や忘れ物が多いなどの症状があります。

(3)学習障害

学習障害(Learning Disabilities)とは、基本的な知的能力は問題がないにも関わらず、特定の科目や課題に著しい困難を示す発達障害の内の1つです。

文部科学省の定義では「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算」「推論」の6つの能力の内のいずれかが知的能力に比べて過度に低い場合を学習障害としています。

また、読字障害、書字表出障害、算数障害といった能力に分けて分類することもあります。

学習障害の詳しいことは下記のページをご覧ください。

学習障害(LD)のカウンセリング・相談
学習障害とは聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するといった能力の一部が非常に低く、学習や仕事に著しい困難を示してしまう障害です。学習障害は先天的な障害ですが、治療やカウンセリングによって相当程度、成長していくことができます。

(4)知的障害

知的障害とは、知的な能力が低く、学習や社会適応に困難が出てしまう発達障害の1つの種類です。知的障害には、言語や判断力などの概念領域、コミュニケーションや対人スキルなどの社会領域、職業生活や生活技能などの実用領域の3つの領域において困難さが見られます。

知的障害の重症度は、知的能力の水準によって以下の分け方をすることが多いです。

  1. 境界域 IQ85〜70
  2. 軽度 IQ70〜50
  3. 中度 IQ50〜35
  4. 重度 IQ35〜20
  5. 最重度 IQ20以下

このような知的障害についての詳しいことは下記のページをご覧ください。

知的障害のカウンセリング・相談
知的障害とは、概念領域、社会領域、実用領域の3つの領域において障害があらわれる発達障害の一つです。そして、全般的な知的な能力が平均的な標準レベルと比較して低く、そのために学習過程や社会適応に困難が出てしまう障害です。

3.発達障害の診断の注意点

WISC-4やWAIS-4といった知能検査のプロフィール結果にバラツキがあるだけで発達障害であるとか、発達障害のグレーゾーンとしてしまう専門家もいたりします。そもそも発達障害といっても、上記に書いた通り自閉スペクトラム症や注意欠陥多動性障害など様々あり、どれを指しているのか不明確でもあります。時には自閉スペクトラム症と注意欠陥多動性障害の両方の特性を持っている、というような何でもありのような診断まがいが出されたりもします。

自閉スペクトラム症や注意欠陥多動性障害といった発達障害は、健常者との質的な違いはなく、スペクトラム構造となっています。そのため、どんな人にも多少は発達障害的な特性をもっています。ですので、発達障害の疑いとか発達障害のグレーゾーンといっておけば8〜9割は該当してしまいます。

また大人の発達障害の場合にはそれまでのさまざまな経験や体験により、相当困難な事態になっている場合も少なくありません。パニック障害や強迫性障害、パーソナリティ障害などの症状が出てしまっている方もいます。

そのため、大切なことは、診断にとらわれず、どういう特性を持っており、その特性がどの程度重篤であり、それによって社会生活がどのように支障をきたしているのかをこまかく見ていく必要があります

そして、特性を持っていても、社会生活上で、職業生活上でそれほど支障が出ていないのであれば、診断を下す必要はありません。DSM-5やICD-11などでも、症状があるだけではなく、それによる生活の障害が顕著になることが診断基準の1つとなっています。

こうした発達障害の診断に振り回されない方が良いでしょう。

4.発達障害とカウンセリング

発達障害に対してカウンセリングは非常に有効です。ここでは発達障害の克服・治療法としてのカウンセリングについて、本人に対してと、発達障害をもつ家族に対してと分けて解説します。

(1)本人に対して

カウンセリングの基本となる傾聴を行い、発達障害の方の気持ちや考えをカウンセラーが理解しようと努めることは第一として大事です。しかし、それだけでは改善はないので、それ以上の専門的なケアが必要となります。

まず、発達障害といってもさまざまな種類があるので、その見立てを立てる必要があります。小さい頃の生育歴を聞いたり、家族関係などを聞いたりし、どのような人生を送ってきたのかをお聞きします。さらに必要であれば知能検査なども実施します。こうした見立てをすることで、適切な支援の方法が見えてきます。

発達障害の方は多くは対人関係や家族関係、職場、学校の事柄などで問題を抱えてしまいます。そうした困難を解決するために、アサーショントレーニング(自己主張訓練)やアンガーマネジメント(怒りのコントロール)、SST(社会技能訓練)、認知行動療法などが役立てることが多いでしょう。

こうした治療法・カウンセリングによって発達障害を克服していきます。

(2)家族に対して

子どもやパートナーが発達障害であり、そのことに困っている家族の方が相談・カウンセリングに来られることも多いです。発達障害の方ご自身が来談できないことも相当多いようです。

その場合でも、家族の方の困難さや苦しみを理解した上で、どのように対応すれば良いのかの相談にのります。

この場合も同様に、発達障害のどの種類・タイプになるのかの見立てを立てます。その上で、その種類・タイプに応じた対応方針を定めていきます。カウンセリングでは発達障害の基本的な知識や知恵をお伝えすることもあります。また、発達障害の特性に応じた対応の仕方や声掛けの仕方などもあるので、そうしたことをカウンセラーと話し合いながら、実践していきます。

発達障害は生得的な障害ではありますが、周囲や家族の支援や対応によって、相当変化します。ご家族の発達障害を克服するためにご家族がカウンセリングを受けることは非常に大切なことです。

5.カウンセリングや知能検査のお申し込み

発達障害とその4つの特徴や症状について解説しました。発達障害そのものが全くなくなり、完治するということは残念ながらありません。しかし、支援や対応法を学び、知ることで発達障害にまつわる困り事の多くは少なくなります。

そのために臨床心理士などの専門家のカウンセリングを受けることは非常に役に立つことだろうと思います。そのカウンセリングの申し込みから治療までの流れについては以下のページが詳しいので、ご参照ください。

カウンセリングの流れ
申し込み、初回面接、アセスメント面接、面接継続、終結といった申し込み後の流れについて説明しています。

また、当オフィスでも発達障害の見立てをするための知能検査を受けることができます。自分自身の特性を知り、今後の生活や仕事に活かすことができます。知能検査をご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

心理検査申し込みフォーム

そして、発達障害に関するカウンセリングを受けることができます。発達障害の当事者の方でも、子どもやパートナーが発達障害で、それによってお困りの方でも、どちらでも可能です。カウンセリングの希望者は以下のフォームからお問い合わせください。

カウンセリング申し込みフォーム

6.参考文献