【臨床心理士、公認心理師が相談にのります】

WAIS-4(ウェクスラー成人知能検査 第4版)

知能をはかる

WAIS-4

図1 WAIS-4の検査器具

1.ウェクスラー知能検査の歴史

知能とは身近であり、何となくはイメージはできますが、いざ知能とは何か?とあらためて聞かれるとよく分からなくなってしまいます。知能についての研究は古代から取り上げられてきていますが、科学的な研究の対象になったのは19世紀後半ぐらいからです。そして、未だに知能とは何か?という共通した定義や概念は定まっていません。それぐらい知能とは非常に難しい概念なのです。

その中でも知能についてスピアマンというイギリスの心理学者は知能はg因子(一般能力)とs因子(特殊能力)の2つから成るとしました。キャッテルは同じ2因子を提唱しましたが、内容としては結晶性知能と流動性知能に分けられるとしました。また、ソーンダイクは知能を4つの因子から説明できるとし、ギルフォードに至っては180の因子があると提唱しました。このように知能とは何かをめぐって様々な仮説が提起されていますが、未だに決着はついていません。

そして、知能とは何か?については決着はついてはいないものの、知能を測定するという社会的、時代的な要請はありました。例えば、教育システムの構築や軍事的な選別に知能の測定が必要だったのです。その良し悪しは別として、こうした要請に応えるために知能の研究は進み、知能検査の開発に寄与しました。その知能検査の始まりは一般的には1905年にフランスのビネーとシモンによるビネー・シモン法という知能検査といわれています。その後、この知能検査はスタンフォード大学の研究グループによって改訂され、現在のビネー式知能検査となっていきました。

ただ、このビネー式知能検査は全般的な知能指数の高低を示すのみであり、知能を分析的に判定することが困難でありました。そこで、ウェクスラーというアメリカの心理学者が知能を「目的的に行動し、合理的に思考し、環境を効果的に処理するための、個人の集合的ないしは全体的能力」と定義し、新たな知能検査を作成しました。それがウェクスラー式知能検査となりました。現在ではこの知能検査が年齢別に幼児用としてWPPSI、児童用としてWISC、成人用としてWAISとして分けられています。そして、2019年現在ではWPPSIは3版、WISCは4版、WAISは4版で改訂されています。

2.ウェクスラー知能検査の理論

ウェクスラーは当初は言語理解、抽象的推理、知覚統合、量的推理、記憶、処理速度を重視した下位検査を作成し、これが現在のウェクスラー式知能検査の元となっています。また、これらをさらにまとめて、言語性検査と動作性検査に分けましたが、現在ではこの分け方には妥当性がないということで採用はされていません。

また、ウェクスラー式知能検査で測定できることは知能の全体ではなく、認知的な部分であると限定されています。知能を構成する別の要因としてプランニング、目標意識、熱意、場依存と場独立、衝動性、不安、固執などがありますが、これらはウェクスラー式知能検査には含めていません。そのため、ウェクスラー式知能検査で検出される数値だけで判断するのではなく、こうした別の要因を推測したり、別の検査で測定し、知能全体を理解する必要があります。

さらにウェクスラー式知能検査の下位検査のそれぞれは知能だけではなく、神経学的な側面の測定にも寄与していることが最近の研究では分かっています。そのため、知能検査というだけではなく、神経心理学的検査という側面もあるようです。

3.WAIS-4の妥当性と信頼性と有用性

(1)妥当性

妥当性にはいくつかの種類がありますが、WAIS-4では内容的妥当性、基準関連妥当性、構成概念妥当性の3つから検証されています。まず、検証的因子分析によってモデルとの適合度から妥当性を見ていますが、概ね満足できる結果となっています。また、基準関連妥当性では、WAIS-3、DN-CAS、K-ABC-2といった別の検査との相関を検証し、これについても高い相関を示しています。さらに、臨床群(知的ギフテッド、知的障害、学習障害、ADHD、外傷性脳損傷、自閉症、アスペルガー、うつ病、認知症、アルツハイマー)への実施し、これについても概ね良好な結果が得られています。

(2)信頼性

信頼性とは検査についての正確性、一貫性、安定性のことを指します。これが高いと測定誤差は少なく、低いと誤差が多くなります。WAIS-4では内的整合性、再検査信頼性、採点者間一致から検証され、高い信頼性があることが示されています。

(3)有用性

有用性とは実際の現場での使いやすさや利便性、弁別性などを指します。WAIS-4では中止条件が短縮されたり、下位検査の取捨選択により、検査時間が短くなっています。また、デザインも一新され、分かりやすく、ミスを減らす工夫もされています。また、臨床群の弁別に関する検証もされており、実際の臨床現場での診断の補助としての機能も増しています。

4.WAIS-4の構成と内容

(1)構成

WAIS-4には10つの基本検査と5つの補助検査があります。また、それらは4つの群指数によってまとめられています。表にすると以下になります。そして、群指数の合計から全検査IQが算出されます。

基本検査補助検査
言語理解(VCI)類似、単語、知識理解
知覚推理(PRI)積木模様、行列推理、パズルバランス、絵の完成
ワーキングメモリー(WMI)数唱、算数語音整列
処理速度(PSI)記号探し、符号絵の抹消

(2)内容

群指数や下位検査がどういったもので、それはどういう能力を測定しているのかを以下の表にまとめました。

項目内容
全検査IQ4つの群指数の合計
群指数言語理解(VCI)類似と単語と知識(と理解)の合計
知覚推理(PRI)積木模様と行列推理とパズル(とバランスと絵の完成)の合計
ワーキングメモリー(WMI)数唱と算数(と語音整列)の合計
処理速度(PSI)記号探しと符合(と絵の抹消)の合計
言語理解類似2つの言葉の共通点や類似点を答える
単語単語の意味を答える
知識一般的な知識に関する質問に答える
理解一般原則や社会的状況についての質問に答える
知覚推理積木模様モデルと同じ模様を積木を使って作成する
行列推理不完全な行列を完成させるのにもっとも適切なものを選ぶ
パズル組み合わせると見本と同じになるものを選ぶ
バランス天秤が釣り合うために適切な重りを選ぶ
絵の完成提示された絵の中で欠けているものを答える
ワーキングメモリー数唱耳で聞いた数字を復唱する
算数算数の文章題を暗算で答える
語音整列かなと数字を順番に並べる
処理速度記号探し刺激となる記号があるかどうかを探す
符号見本となる記号を書き写す
絵の抹消さまざまな図形の中から特定の図形を探す

5.WAIS-4の実施

対象年齢:16歳0カ月~90歳11カ月

全部の検査時間はおおよそ2時間程度です。回答時間や実施する下位検査によって前後はします。また、長時間になる場合には、途中でトイレ休憩をはさんだり、別の日に残りを実施したりすることもあります。

検査環境はできるだけ静かで検査に集中できるような落ち着いた部屋となります。周りが騒がしいと検査に集中できませんから。

また検査はすぐに実施するのではなく、ちょっとした雑談をしたり、検査の説明をしたり、分からないことに応えたりしながら、検査を受ける人がモチベーションを持って、取り組めるように信頼関係を築き、協力体制を作ります。安心できる雰囲気で最大限の能力が発揮できるようにします。

下位検査の実施順序は決まっています。最初は積木模様から始まります。比較的取り組みやすく、時には楽しめるような課題を最初にすることで検査に対するモチベーションを高めてくれる役割もあるのでしょう。

おのおのの下位検査の問題数は決まっており、正解し続けている限り最後まで問題が提示されます。しかし、間違いが既定の回数続くとそこでその下位検査は終了となり、次にうつります。最後の問題になればなるほど難しくなります。

また、下位検査によってはストップウォッチで時間を計測する問題もあります。時間を測られていると焦ることもありますが、それも課題の要素の一つと思って取り組むと良いでしょう。

6.WAIS-4の結果の見方

(1)数値

全検査IQと4つの群指数(言語理解、知覚推理、ワーキングメモリー、処理速度)はそれぞれ100を平均として、数値化されます。その平均からどれぐらい離れると、どういう分類・意味になるのかについては以下の表をご参照ください。

得点分類全体の中の割合(%)
130以上非常に高い2.5
120~129高い7.2
110~119平均の上16.6
90~109平均49.5
80~89平均の下15.6
70~79低い6.5
69以下非常に低い2.1

この表からするとIQが90~109に入る人は全体の49.5%となります。つまり、全人口の約半分の人がIQ90~109になります。さらに広げて、IQ80~119の中に入る人は16.6+49.5+15.6=81.6%ですから、約8割の人が該当します。

その次に見るのが、右上の下位検査の評価点プロフィールです。ここでそれぞれの下位検査の得点の分布を見ます。

(2)バラツキ

4つの群指数、15つの下位検査の数値が高いところと低いところの差が大きいと、いわゆる「バラツキがある」「バラツキが大きい」となります。バラツキがあるとその個人の得意なところと苦手なところの差が激しいということで、時にはそれが生活上の支障となる場合もあります。

(3)項目の意味や解釈

群指数や下位検査の得点にはどういった意味があり、そこから何が解釈できるのかの一覧を下記に示しました。

項目解釈
全検査IQ全般的な知的水準
群指数言語理解(VCI)言語的なことに対する理解や把握の能力
知覚推理(PRI)目で見て物事を理解したり操作したりする能力
ワーキングメモリー(WMI)記憶や注意集中力に関する能力
処理速度(PSI)手先の器用さやスピードに関する能力
言語理解類似概念を理解し、推理する能力
単語単語の知識や言語概念の形成について
知識一般的な事実に関する知識の量や学習について
理解社会性や一般常識を理解する能力
知覚推理積木模様抽象的な視覚刺激を分析して統合する能力
行列推理流動性知能や視覚性知能、空間に関する能力
パズル視覚刺激の分析に関する能力
バランス量的な推理、類比的な推理の能力
絵の完成重要なところとそうではないところの見分けの能力
ワーキングメモリー数唱記憶力や注意力に関する能力
算数計算能力や記憶力に関する能力
語音整列記憶力、継次処理、注意力に関する能力
処理速度記号探し作業効率や集中力に関する能力
符号視覚的な認知やスピードに関する能力
絵の抹消選択的な注意や運動に関する能力

(4)解釈

知能検査は知能検査にすぎないので、それだけで評価や解釈はできません。その他の検査結果や行動観察、日頃の行動、性格特性、生育歴などといった情報を総合して、判断をしていかねばなりません。また、WAIS-4の結果で何らかの疾患や病気を判定することはできません。単に知能を測定しているに過ぎないのですから。

7.WAIS-4などの知能検査に関する誤解

(1)社会適応

知能と社会適応とはそこまで関連性はありません。知能が高い人でも社会的に立ち行かなくなる人はいます。知能が比較的低くても、それなりに社会生活や仕事をこなしている人は多くいます。おそらく社会適応には知能以外の要因が強く働いているということなのでしょう。

(2)発達障害

よくある誤解としてWAIS-4やその他の知能検査で発達障害が診断できると思われてしまっていることが多々あります。WAIS-4などの知能検査は知能を測定することを目的とした検査であり、発達障害の弁別を目的とした検査ではありません。いくつかの研究で、発達障害に特徴的な検査結果を調べるものがありますし、おおまなか傾向はみられるとはいえ、そこまで鑑別する性能はよくないようです。同じ発達障害でも、個々人によって相当特徴が違うからなのでしょう。

(3)学力

知能と学力に関係についてはややあるようです。ただ、完全に一致するものではありません。学力、つまり学校の勉強やそれに関する試験では知能以外にも練習効果や興味関心の有無、学習環境などによって相当変わってきます。知能が高くても勉強しなければ学力は伸びませんし、知能が比較的低くても勉強次第では伸びていきます。

8.WAIS-4を受けるには

当オフィスでWAIS-4を受けるとが可能です。実施+レポート+結果報告の面接(30分)のセットで18,000円となります。最近ではMENSAの入会のために受検したいという人もいます。今のところはそうした目的の方でも受け付けはしています。

また、専門家の方向けにWAIS-4についてのスーパービジョンも行っております。

WAIS-4の受検の申し込みや問い合わせは、電話(045-642-5466)かメール( info@s-office-k.com )かメールフォームでご連絡ください。

9.参考文献

心理検査を支援に繋ぐフィードバック―事例でわかる心理検査の伝え方・活かし方[第2集]

公認心理師のための発達障害入門

日本版WAIS‐IIIの解釈事例と臨床研究

タイトルとURLをコピーしました