【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

依存症とは:原因、種類、支援、治療などを解説

止めれないのは意思ではなく

依存症・嗜癖・アディクションに対するカウンセリングを行っています。

→依存症・嗜癖・アディクションに対するカウンセリングを申し込む

依存症・嗜癖・アディクションについて解説しています。その種類や症状は様々で、これまで難治として扱われることが多かった障害です。しかし、最近では治療方法が徐々に確立されてきており、困難であることは変わりありませんが、それなりに改善していくものとなってきました。

1.依存症とは

依存症とは、ある特定の行為や物質使用を続けると重大な問題になると理解しつつも、その行為や物質使用を止めることができないことを指します。言い換えると目先の得や報酬を得るために、長期的な損失という代償を払ってしまうことです。

この依存症は大きく2つに分類することができます。ひとつは物質依存、もうひとつは精神依存です。

2.依存症の種類

物質依存とは、アルコール、ニコチン、覚せい剤、薬物、カフェイン等に対する依存です。そして、その物質そのものに依存性と耐性が含まれています。ちなみに耐性とは、使用するごとに同じ効果を得るためには使用量を増加させないとならなくなることを指します。

タバコ依存

行動嗜癖とは、買い物、恋愛、SEX、ギャンブル、暴力、仕事、過食嘔吐、等に依存することです。その行為による結果、大きな快を得るため、何度も何度もそうした行為を続けてしまいます。

3.依存症に対する治療

依存症になるのも、依存症から抜け出すことができないのも心が弱いからではありません。依存する物質や行為に強力な呪縛が含みこまれているからです。それらは往々にして、パーソナリティ的な要因とどうにもならない不遇な状況とストレス、自己破壊的な心性が複雑に絡み合い依存症となります。ですので、時には隔離を含めた強力な措置が必要です。

もちろんその他に、不遇でストレスフルな状況の解決や自己分析を通した振り返り、将来的な進路設計の構築などを、教育分析や個人分析、スーパーヴィジョンを受けている臨床心理士とのカウンセリングなどを通して取り組むことが必要になります。

4.さいごに

依存症・嗜癖・アディクションについて解説しました。依存症・嗜癖・アディクションに対するカウンセリングを当オフィスでは行っております。希望者はご連絡ください。

→依存症・嗜癖・アディクションに対するカウンセリングを申し込む

5.参考文献