依存症・嗜癖・アディクションのカウンセリング|相談内容|心理オフィスK

横浜の臨床心理士によるカウンセリング、精神分析的心理療法、CBT、EMDR等で鬱やトラウマを改善。22時まで開室。土日祝開室。

心理オフィスK

-横浜の臨床心理士によるカウンセリング-

(神奈川県横浜市港北区の菊名駅から徒歩2分)

カウンセリングの申し込みは電話(045-717-5687)
もしくはinfo@s-office-k.comメールアドレス

> ホーム > 相談内容 > 依存症・嗜癖・アディクション

公開:2016-12-17 更新:2018-05-17

依存症・嗜癖・アディクションのカウンセリング

目次

  1. 依存症とは
  2. 物質依存と精神依存
  3. 依存症に対する対応

1.依存症とは

 依存症とは、ある特定の行為や物質使用を続けると重大な問題になると理解しつつも、その行為や物質使用を止めることができないことを指します。言い換えると目先の得や報酬を得るために、長期的な損失という代償を払ってしまうことです。この依存症は大きく2つに分類することができます。ひとつは物質依存、もうひとつは精神依存です。

2.物質依存と精神依存

 物質依存とは、アルコール、ニコチン、覚せい剤、薬物、カフェイン等に対する依存です。そして、その物質そのものに依存性と耐性が含まれています。ちなみに耐性とは、使用するごとに同じ効果を得るためには使用量を増加させないとならなくなることを指します。精神依存とは、買い物、恋愛、SEX、ギャンブル、暴力、仕事、過食嘔吐、等に依存することです。その行為による結果、大きな快を得るため、何度も何度もそうした行為を続けてしまいます。

3.依存症に対する対応

 依存症になるのも、依存症から抜け出すことができないのも心が弱いからではありません。依存する物質や行為に強力な呪縛が含みこまれているからです。それらは往々にして、パーソナリティ的な要因とどうにもならない不遇な状況とストレス、自己破壊的な心性が複雑に絡み合い依存症となります。ですので、時には隔離を含めた強力な措置が必要です。もちろんその他に、不遇でストレスフルな状況の解決や自己分析を通した振り返り、将来的な進路設計の構築などをカウンセリングなどを通して取り組むことが必要になります。


関連記事


ホーム | 新着情報 | 挨拶 | 自己紹介 | 相談内容 | 技法 | 研修 | 企業向け | 料金 | 開室時間 | Q&A | 実績 | 相談の流れ | アクセス(横浜) | 商取引表記 | プライバシーポリシー | blog外部リンク | twitter外部リンク | facebook(個人)外部リンク | facebook(オフィス)外部リンク | インスタグラム外部リンク | sitemap | 予約申し込み


twitterボタン フェイスブックいいね フェイスブックシェア google+ はてなブックマークボタン LINEボタン

カウンセリングのお申し込みは電話(045-717-5687)・メール(info@s-office-k.comメールアドレス)・メールフォーム

Copyright (c) 2015 - 2018 Psychological Office K All Rights Reserved.
〒222-0021 神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-17 ライラック103号,045-717-5687
Photo by Pawel Pacholec and Gianni Cumbo


▲TOP