【臨床心理士、公認心理師が相談にのります】

依存症・嗜癖・アディクションのカウンセリング

止めれないのは意思ではなく

1.依存症とは

依存症とは、ある特定の行為や物質使用を続けると重大な問題になると理解しつつも、その行為や物質使用を止めることができないことを指します。言い換えると目先の得や報酬を得るために、長期的な損失という代償を払ってしまうことです。この依存症は大きく2つに分類することができます。ひとつは物質依存、もうひとつは精神依存です。

2.物質依存と行動嗜癖

物質依存とは、アルコール、ニコチン、覚せい剤、薬物、カフェイン等に対する依存です。そして、その物質そのものに依存性と耐性が含まれています。ちなみに耐性とは、使用するごとに同じ効果を得るためには使用量を増加させないとならなくなることを指します。行動嗜癖とは、買い物、恋愛、SEX、ギャンブル、暴力、仕事、過食嘔吐、等に依存することです。その行為による結果、大きな快を得るため、何度も何度もそうした行為を続けてしまいます。

3.依存症に対する対応

依存症になるのも、依存症から抜け出すことができないのも心が弱いからではありません。依存する物質や行為に強力な呪縛が含みこまれているからです。それらは往々にして、パーソナリティ的な要因とどうにもならない不遇な状況とストレス、自己破壊的な心性が複雑に絡み合い依存症となります。ですので、時には隔離を含めた強力な措置が必要です。

もちろんその他に、不遇でストレスフルな状況の解決や自己分析を通した振り返り、将来的な進路設計の構築などを、教育分析や個人分析スーパービジョンを受けている臨床心理士とのカウンセリングなどを通して取り組むことが必要になります。

4.参考文献

薬物・アルコール依存症からの回復支援ワークブック

CRAFT 依存症者家族のための対応ハンドブック

アルコール・薬物依存症を一から見直す:科学的根拠に基づく依存症の理解と支援

タイトルとURLをコピーしました