【臨床心理士、公認心理師が相談にのります】

教育分析やスーパービジョン等の研修と訓練

地道な訓練が臨床に結び付く

教育分析を受けたい、スーパービジョンを受けたい方へ。

臨床心理士や医師、公認心理師合格者、ケースワーカー、看護師、精神保健福祉士、などいわゆる対人援助を業務とするカウンセラーが自己研鑽をする機会として、研修会、研究会、セミナー、スーパービジョン、教育分析、個人分析を提供しています。カウンセラーは日々研鑽することは空気のように当然であり、現状で満足してはいけません。そのため、こうした機会を活用してもらえたらと思います。

1.教育分析、個人分析

教育分析、個人分析とは、臨床心理士や対人援助を職業としている人が、訓練の一環として、自分のことを振り返り、より深みのある臨床ができるようになるために受けるものです。ちなみに、昔は教育分析などと言われていたこともありますが、「教育」ではないため、最近ではこの用語は使われなくなってきました。また訓練分析という用語もありますが、これは精神分析家になるための訓練であり、この心理オフィスKでは行っておりません。

教育分析、個人分析では、週1回以上の頻度で、可能であれば、週複数回の頻度で精神分析的心理療法を行います。カウンセラー自身の生い立ちや対人関係や家族歴などを振り替えり、いわゆるカウンセラー自身の無意識を探索していくプロセスです。そうすることにより、カウンセラー自身の情緒や言動、振る舞いといった逆転移をある程度コントロールしていくことができます。また逆転移をクライエントさん理解の一助として役立てていけるようになります。

料金については以下の通りです。

  • 週1回の頻度:1回50分7000円
  • 週2回の頻度:1回50分6000円
  • 週3回以上の頻度:応相談
  • 大学院生と、大学院修了の後1年以内の方は1年に限って:1回50分3500円

教育分析を受けたい、個人分析を受けたいと希望する方は問い合わせのページから、電話、メール、メールフォームにて「教育分析(個人分析)を希望」とご連絡ください。

2.スーパービジョン

(1)個人スーパービジョン

スーパービジョンについての詳しい説明は「スーパービジョン」を参照してください。スーパービジョンを受ける人をバイジーと言います。バイジーが各自の臨床現場で行ったカウンセリングの記録を持ってきてもらい、それを元にクライエントさんの理解を深め、介入方法について検討し、より良いカウンセリングを提供できるように指導します。また、同様に心理検査ロールシャッハテスト、描画テスト、WAIS-4、WISC-4、その他の知能検査、発達検査、性格検査、投影法など)のスーパービジョンも行っています。

決して、良い記録を持ってくる必要はありません。失敗と思えるようなことでも、恥ずかしいと思えるようなことでもスーパービジョンに出してもらい、それを検討することで、今後より良い方向に向かうように努力すれば良いと思います。

料金については以下の通りです。

  • 1回50分7000円で引き受けています。
  • 大学院生と、大学院修了の後1年以内の方は1年に限って:1回50分3500円
  • オンラインによるスーパービジョンは1回50分12000円です。

個人スーパービジョンを希望の方は問い合わせのページから、電話、メール、メールフォームにて「個人スーパービジョンを希望」とご連絡ください。

(2)グループスーパービジョン

  • Aグループ:毎月 第2日曜日 9:30~11:30
  • Bグループ:毎月 第1土曜日 19:00~21:00

主に初心者を対象に、精神分析的視点・力動的視点を学ぶためのグループスーパービジョンを行っています。人数は5名以下の少数に限定しています。その方が議論しやすいからです。ケースの理解やマネジメント、介入の仕方、転移解釈の行い方など基礎的なことから学んでいきます。また、スーパーヴァイジー同士の横のつながりや、そこでの議論からも学ぶことができるでしょう。

グループ・スーパービジョンの詳細

3.セミナー

(1)単発

臨床心理士や公認心理師といった心理職が日々の臨床で役に立つ知識や技術を学ぶためのセミナーを随時開催しています。

詳しくは心理職のためのセミナー情報を参照してください。

(2)通年

横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)

横浜精神分析研究会は、毎月の第2日曜日の午後1時~5時にZoomによるオンラインで開催しています。

前半の2時間は精神分析に関する論文を講読しています。令和2年度はメラニー・クラインとクライン派の臨床の論文を取り上げています。北川が論文を解説し、その後に、それを元に皆で討論、議論します。

後半の2時間は症例検討を行っています。症例を発表する人は、通常の症例検討でみられるようなカウンセリングのすべてのプロセスを発表することはしません。直近のカウンセリングの2セッションの逐語録、プロセスノートのみで発表してもらいます。その方が、より臨場感ある議論ができます。また、発表準備の面からも、参加者の負担は少なくなります。

横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)

日常臨床のための対象関係論 横浜セミナー

愛知教育大学教授の祖父江典人先生をお招きして、講義と事例検討を毎月1回行っております。

詳しくは日常臨床のための対象関係論 横浜セミナーを参照してください。

4.論文一覧

横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)で取り上げた精神分析に関する論文の要約と解説を公開しています。

詳しくは精神分析論文の要約と解説の一覧をご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました