【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【オンラインでの相談も可能】

教育分析やスーパーヴィジョン等の研修を受けたい人のために

地道な訓練が臨床に結び付く

臨床心理士や医師、公認心理師合格者、ケースワーカー、看護師、精神保健福祉士、などいわゆる対人援助を業務とするカウンセラーが自己研鑽をする機会として、研修会、研究会、セミナー、スーパーヴィジョン、教育分析、個人分析を提供しています。

カウンセラーは日々研鑽することは空気のように当然であり、現状で満足してはいけません。そのため、こうした機会を活用してもらえたらと思います。

1.教育分析

教育分析とは、臨床心理士や対人援助を職業としている人が、訓練の一環として、自分のことを振り返り、より深みのある臨床ができるようになるために受けるものです。

ちなみに、教育分析と言っていますが、厳密には「教育」ではないため、最近ではこの「個人分析」ということも多くなりました。また訓練分析という用語もありますが、これは精神分析家になるための訓練であり、この心理オフィスKでは行っておりません。

教育分析では、週1回以上の頻度で、可能であれば、週複数回の頻度で精神分析的心理療法を行います。カウンセラー自身の生い立ちや対人関係や家族歴などを振り返り、いわゆるカウンセラー自身の無意識を探索していくプロセスです。

自身の葛藤やコンプレックスを直視することもありますので、時には非常に苦しいこともあるかもしれません。しかし、そうした苦しみこそ、人間の根源的な何かに触れていると言えるかもしれません。

そして、このような取り組みにより、カウンセラー自身の情緒や言動、振る舞いといった逆転移をある程度コントロールしていくことができます。また逆転移をクライエントさん理解の一助として役立てていけるようになります。

料金については以下の通りです。

  • 週1回の頻度:1回50分7000円
  • 週2回の頻度:1回50分6000円
  • 週3回以上の頻度:応相談
  • 大学院生と、大学院修了の後1年以内の方は1年間に限って:半額

教育分析を受けたいと希望する方は以下の訓練・申し込みのページからご連絡ください。

教育分析申し込みフォーム

2.スーパーヴィジョン

(1)個人スーパーヴィジョン

スーパーヴィジョンについての詳しい説明は以下のページを参照してください。

スーパーヴィジョン
スーパーヴィジョンを当オフィスで受けることができます。スーパーヴィジョンはカウンセラーの訓練の一つです。そのスーパーヴィジョンの歴史、構造、方法、倫理、条件、効果、抵抗、探し方などを解説しています。

スーパーヴィジョンを受ける人をバイジーと言います。バイジーが各自の臨床現場で行ったカウンセリングの記録を持ってきてもらい、それを元にクライエントさんの理解を深め、介入方法について検討し、より良いカウンセリングを提供できるように指導します。また、同様に心理検査(ロールシャッハテスト、描画テスト、WAIS-Ⅳ、WISC-Ⅳ、その他の知能検査、発達検査、性格検査、投影法など)のスーパーヴィジョンも行っています。

決して、良い記録を持ってくる必要はありません。失敗と思えるようなことでも、恥ずかしいと思えるようなことでもスーパーヴィジョンに出してもらい、それを検討することで、今後より良い方向に向かうように努力すれば良いと思います。

料金については以下の通りです。

  • 1回50分7,000円で引き受けています。
  • オンラインによるスーパーヴィジョンは1回50分12,000円です。
  • 大学院生と、大学院修了の後1年以内の方は1年間に限って:半額

希望者は以下の申し込みフォームからご連絡ください。

スーパーヴィジョン申し込みフォーム

(2)グループスーパーヴィジョン

  • Aグループ:毎月 第2日曜日 9:30~11:30
  • Bグループ:毎月 第1土曜日 19:00~21:00

主に初心者を対象に、精神分析的視点・力動的視点を学ぶためのグループスーパーヴィジョンを行っています。人数は5名以下の少数に限定しています。その方が議論しやすいからです。ケースの理解やマネジメント、介入の仕方、転移解釈の行い方など基礎的なことから学んでいきます。また、スーパーヴァイジー同士の横のつながりや、そこでの議論からも学ぶことができるでしょう。

料金は1回120分3,500円です。

グループスーパーヴィジョンの詳細は以下です。

グループスーパーヴィジョン
グループスーパーヴィジョンの募集のページです。参加者は5人まで。料金は1回120分3500円です。第2日曜9:30と第1土曜19:00の2つのグループがあります。

グループスーパーヴィジョンの申し込みは以下のフォームからご連絡ください。

グループスーパーヴィジョン申し込みフォーム

3.セミナー

(1)単発

臨床心理士や公認心理師といった心理職が日々の臨床で役に立つ知識や技術を学ぶためのセミナーを随時開催しています。

詳しくは以下の心理職のためのセミナー情報を参照してください。

オンラインセミナー一覧
心理職や対人援助職の人に向けたセミナーの一覧です。

(2)通年

横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)

横浜精神分析研究会は、毎月の第2日曜日の13時~17時にZoomによるオンラインで開催しています。

前半の2時間は精神分析に関する論文を講読しています。2022年度は攻撃性と破壊性の精神分析論文を取り上げます。北川が論文を解説し、その後に、それを元に皆で討論、議論します。

後半の2時間は症例検討を行っています。症例を発表する人は、通常の症例検討でみられるようなカウンセリングのすべてのプロセスを発表することはしません。直近のカウンセリングの2セッションの逐語録、プロセスノートのみで発表してもらいます。その方が、より臨場感ある議論ができます。また、発表準備の面からも、参加者の負担は少なくなります。

横浜精神分析研究会の詳細は以下をご覧ください。

オンラインセミナー「横浜精神分析研究会-攻撃性と破壊性-」
2022年度のオンラインセミナー横浜精神分析研究会では攻撃性と破壊性をテーマにした精神分析論文を取り上げ、議論します。また後半は症例検討を行います。毎月1回、第二日曜日の開催です。講師は北川清一郎です。

4.論文一覧

横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)で取り上げた精神分析に関する論文の要約と解説を公開しています。

詳しくは以下の精神分析論文の要約と解説の一覧をご参照ください。

論文一覧
横浜精神分析研究会の文献講読で取り上げた論文の一覧です。フロイト、クライン、ウィニコットなど多数あります。