コンテンツへ移動 サイドバーへ移動 フッターへ移動
〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町311-1アークメゾン菊名201号

起立性調節障害のカウンセリングと治し方

怠けであるという誤解

起立性調節障害とは自律神経に関与する病気の一種で、朝の起床が困難だったり、頭痛、気分の不調、倦怠感などが出現します。しばしば子どもに見られることがあり、不登校の原因になってしまったりもします。

ここではその起立性調節障害について解説していきます。

1.起立性調節障害とは

起立性調節障害の概要、原因などについて解説します。

(1)概要

起立性調節障害(OD:Orthostatic Dysregulation)とは、自律神経がうまく機能せずに、立つ、座るといった単純な行動においても血圧や脈拍が急激に変化し、めまい、立ちくらみ、動悸、頭痛などの症状が起こる病気です

日常生活で立ったり座ったりする行動の中で、私達の体では自律神経が血圧や脈拍などの循環動態を調節して急に血圧が変化しないようになっています。しかし、起立性調節障害ではそうしたところに障害が発生しています。

また、朝方に起こることが多く、そのため学校への登校などに支障がでてしまうことがしばしばあります。それが強くなると不登校になることもあり、そうなると日常生活への支障はかなり大きいといえるでしょう

(2)原因

どのような原因で自律神経の機能不全が起こるのかは、いまだにはっきりとした原因が判明していませんが、半数以上に遺伝的な要因を認めます。その他には生活習慣の乱れ、周囲からのストレスなどが発症に大きな影響を与えていると考えられています。

年齢的には小学校高学年〜中学生に多く見られ、自律神経の機能不全が生じる原因として心理的なストレスが関与していることが多くなっています。

小学生から中学生の思春期に発症することが多く、軽症な例を含めると小学生の約5%、中学生の約10%が罹患していると考えられています。重症の起立性調節障害では日常生活に大きな支障をきたすため、不登校やひきこもりを起こすことが明らかになっています

2.起立性調節障害の症状

泣いている赤ん坊人の体は立ち上がった際に、重力によって血液が下半身に移動し、一時的に心臓に戻る血液の量が減ってしまうため血圧が低下します。急激な血圧の低下を防ぐために、自律神経の一つである交感神経が働き、下半身の血管を収縮させ、心拍数も増加させます。しかし、起立性調節障害では自律神経がうまく機能しないため、血管の収縮や心拍の調節などに異常を来たして血圧の低下が起こり、それに起因した多種多様な症状が現れます

起立性調節障害の主な症状は、立ちくらみやめまい、起床困難、動悸、頭痛、疲労感、倦怠感など多岐にわたりますが、症状によって大きく4つの種類に分かれます。

(1)起立直後性低血圧(Instantaneous Orthostatic Hypotension: INOH)

起立性調節障害の中で最も頻度が多く、立ち上がった直後に一時的に血圧が低下するタイプです。

血圧の低下に伴って強い立ちくらみや全身倦怠感を生じます

(2)体位性頻脈症候群(Postural Tachycardia Syndrome: POTS)

このタイプも頻度は多く、立ち上がった直後の血圧低下は目立ちませんが、脈が早くなり(頻脈)、ふらつきや倦怠感、頭痛などの症状が現れます

立ち上がったあとの下半身への血液貯留に対して、交感神経の興奮が過剰となることが原因と考えられています。

(3)神経調節性失神(Neurally-Mediated Syncope: NMS)

立っている途中に突然血圧が低下したり、脈拍が遅くなったりすることで立ちくらみや、ひどい場合は気を失って倒れ、失神をしてしまうようなタイプです。学校の朝礼や集会で立っているときに倒れてしまうようなことがしばしばありますが、多くの場合はこの神経調節性失神が原因と考えられます。

原因はやや複雑で、前に説明したように起立時には血液が下半身に移動することで交感神経が緊張しますが、これにより逆に副交感神経である迷走神経の働きが活発になり血管が拡張して心拍数が減少します(これを迷走神経反射と言います)。その結果、頭へ行く血流が減少して失神してしまうのです。

(4)遷延性起立性低血圧(Delayed Orthostatic Hypotension: DOH)

このタイプは1.で説明した起立直後性低血圧に近いですが、立ち上がってから数分以降に血圧が徐々に低下していき最終的にふらつきや立ちくらみの症状が出現します。1や2のタイプに比較して頻度は少ない傾向にあります。

3.起立性調節障害の診断

虫眼鏡を覗く子どもここでは起立性調節障害の診断やチェックリストなどについて解説します。

(1)起立性調節障害のチェックリスト

起立性調節障害の診断は、まず詳細な問診により症状を聞き出し、疾患を疑うところから始まります。

以下のチェックリストに該当するところを「ある」に、該当しなければ「ない」にチェックを入れてください。

3点以上の場合、2点でも症状が強い場合、起立性調節障害が強く疑われます

質問項目

ある

ない

1.立ちくらみ、あるいはめまいを起こしやすい
2.立っていると気持ちが悪くなる。ひどくなると倒れる
3.入浴時あるいは嫌なことを見聞きすると気持ちが悪くなる
4.少し動くと動悸あるいは息切れがする
5.朝なかなか起きられず午前中調子が悪い
6.顔色が青白い
7.食欲不振
8.へその周囲の痛みをときどき訴える
9.倦怠あるいは疲れやすい
10.頭痛
11.乗り物に酔いやすい
合計得点:

(2)基礎疾患の除外

似たような症状を来たす別の疾患(甲状腺機能亢進症、不整脈、鉄欠乏性貧血など)がないかどうかを調べます

そして、大きな異常がなかった場合に、下の「新起立試験」や「ヘッドアップチルト試験」と呼ばれる検査を行って診断を確定します。

(3)新起立試験

「新起立試験」は、10分間横になったあとに起き上がり、その後10分間連続的に血圧や脈拍を測定します。この検査により、前に説明した4つのタイプのどれに当てはまるかも判定することが出来ます。

検査中に低血圧になり、症状が強くなった場合は検査を中止します。午前中に検査を行った方が陽性の結果が出やすい傾向にあります。

(4)ヘッドアップチルト試験

「ヘッドアップチルト試験」も「新起立試験」と同様に横になって起き上がったあとに血圧や脈拍がどのように変化するのか調べる検査ですが、傾斜をつけられる特殊なベッドを用いて受動的に横になった姿勢から起き上がった姿勢になります

大がかりな設備が必要なため、この検査を行うことが出来る病院は限られます。

(5)心身症的な要素の評価

心理的ストレスは起立性調節障害の発症や経過に大きな影響を及ぼすことが知られており、不登校や引きこもりの約半数に起立性調節障害の関与があると言われています。心身症的な要素を評価することは治療方針を決定する上で重要です。

下に示した項目が週1〜2回以上認められるような場合は心理的・社会的なストレスが大きいと考えられます。

  • 学校を休むと症状が軽減する。
  • 身体症状が再発・再燃を繰り返す。
  • 気にかかっていることを言われたりすると症状が増悪する。
  • 一日のうちでも身体症状の程度が変化する。
  • 身体的訴えが二つ以上にわたる。
  • 日によって身体症状が次から次へと変化する。

4.起立性調節障害の治療と治し方

母と娘起立性調節障害の治療について解説します。疾病教育、生活療法、薬物療法、環境調整、カウンセリングなどが効果があります。

(1)病気のことをよく知る(疾病教育)

起立性調節障害の症状は、立ちくらみや倦怠感、朝の起床困難であり、その症状によって学校の遅刻や欠席を繰り返すようになります。このような状況は保護者から見ると「なまけ癖」や「根性不足」などの本人の気持ちの問題と捉えてしまいがちで、起立性調節障害という「疾患」として理解することが難しい場合があります。

学校へ無理やり行かせようとして叱責したりすることで親子関係が悪化してしまい、治療の妨げになることもあります。

症状が起立性調節障害という「疾患」で起こることを本人や保護者にしっかりと理解してもらうこと、そして、患者本人と保護者、医療者の信頼関係を築いていくことが治療を行っていく上で非常に重要になってきます

(2)生活療法

症状の頻度を減らすために、日常生活の中での以下のような注意点を気にかけながら生活を送ると良いでしょう。

  • ゆっくり立ち上がる:座ったり横になったりした状態から立ち上がるときは、症状が出ないように十分に時間をかけて行います。
  • 長い間起立することを避ける:立ったままの状態を長く続けないように注意します。起立中に足踏みをしたり、足をクロスさせたりすることで血圧の低下を防ぐことができます。
  • 水分や塩分の摂取:水分は1日1. 5−2リットルを目安に摂取します。塩分の摂取も循環血漿量を増やし、血圧低下を防ぐ効果があります。
  • 定期的な運動:毎日30分程度の歩行を行い、筋力低下を防ぐ。
  • 暑い場所を避ける
  • 弾性ストッキングなどの着用:下半身への血液貯留による血圧低下を防ぐ効果が期待できます。

(3)薬物療法

生活療法でも改善しない場合や、症状が強い場合は薬物療法も併用します。

ミドドリンなどの血管収縮を促して血圧を上げるような薬剤や漢方薬が用いられます

(4)環境調整

学校関係者にも疾患についてよく理解してもらい、不登校や引きこもりから社会生活への復帰を支援するような環境づくりを行うことも重要です

合理的な配慮として、登校の時間をずらしたり、別室での授業を受けるようにしたり、家庭での学習をサポートしたりすることも検討して良いでしょう。

(5)カウンセリング

起立性調節障害の発症に心身症的な要素の関連が強いと考えられた場合は、カウンセリングや認知行動療法といった心理学的アプローチを行います

心理的なストレスをカウンセリングによって読み解き、そうしたストレスをどのように少なくしていくのかについて取り組んでいくことになります。ストレスといっても、人によって捉え方や感じ方は違います。さまざまなストレスを過度に怖いものや強いものとして捉えてしまっているのであれば、認知行動療法的な技法を使い、その捉え方を変化させていきます。そのことにより結果的にストレスが低くなっていくことがあります。

また、こうした起立性調節障害についての苦痛について分かってくれる人がいるだけでも心理的なサポートになる場合もあります。

5.起立性調節障害についての相談をする

起立性調節障害についての概要、原因、診断、治療、カウンセリングなどについて解説してきました。朝が起きれず、登校できないことなどが怠けやズルとして見られていたのが、もしかしたらこの起立性調節障害が関係しているのではないかと言われるようになりました。そして、この起立性調節障害を適切に診断し、治療することで元の健康な生活に戻ることが可能です

心理オフィスKでは起立性調節障害についての相談やカウンセリングを受け付けています。希望者は下の申し込みフォームからご連絡を頂けたらと思います。

参考文献