EMDR

EMDR(眼球運動による脱感作と再処理療法)とはトラウマやPTSDの治療のために研究開発された、比較的新しい心理療法のひとつです。開発者はフランセス・シャピロというアメリカの臨床心理学者です。

EMDRではカウンセラーが指を左右にリズミカルに振りますので、クライエントはトラウマを頭に思い浮かべながら、カウンセラーの指を目で追いながら、目を左右に動かします。こうした方法を何度も繰り返します。すると、最初はトラウマを思い浮かべるだけで苦痛だったものが、徐々に苦痛が和らいでいきます。目を左右に動かす方法だけではなく、左右から聞こえる音に注意を向けたり、手や足をタッピングするのでそれに注意を向けたりする方法もあります。

EMDRはトラウマ治療の中でも比較的安全で、副作用が少なく、また治療期間も短いのが特徴です。さらにはさまざまな効果研究でも優れた成績を残しています。

論考

発達障害に対するEMDRの適用と実施

お知らせ

精神分析的心理療法にまつわるインタヴューをうけました。