【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

開業して丸6年が経過しました

開業6周年

心理オフィスKを開業したのが2015年7月1日でしたので、今日が開業記念日で、開業後、丸6年となりました。私なりによく頑張った方だと思います。

1.コロナとオンラインカウンセリング

昨年からのコロナ禍によって散々な目に遭いましたが、何とか今日も生きながらえております。

コロナも皆さんは慣れたのか、普通に対面でカウンセリングを行うことが増えてきました。昨年はオンラインカウンセリング、オンラインSVが多かったのですが、今は対面が7~8割、オンラインが2~3割ぐらいの割合でしょうか。

その2~3割もオンラインを始めてから開始した、遠方の方が中心です。南は九州、北は北海道まで、全国津々浦々の方々とオンラインでお話しさせてもらっています。

オンライン特有の問題があり、これはもはや対面の代替物というよりも、全く別物の新しい何かである、という認識でオンラインカウンセリング、オンラインSVを見る方が良さそうだと最近は思っております。

オンラインカウンセリングの詳しいことは以下のページに書いています。

オンラインカウンセリング
オンラインカウンセリングを当オフィスにおいて1回50分12,000円で受けることができます。そのオンラインカウンセリングについての概要、種類、技法、メリット、デメリット、エビデンスなどについてまとめています。
オンラインカウンセリングによって遠ざけられる心的苦痛
COVID-19(新型コロナウイルス)によりカウンセリングはオンライン化への大きく傾いています。来所できない遠方の人には非常に便利であると言えるでしょう。しかし、その利便性の陰に隠れてしまっているところにカウンセリングの本質があります。ここではそのことについて書きます。

2.オンラインセミナーに全面的に移行

これまで開催していたセミナーも全てオンラインでのセミナーに置き換わっています。オンラインでのセミナーの開催は集合型のセミナーよりも非常にやりやすいですね。集合型だと、開業を確保し、電話連絡などで予約を取り、時にはわざわざ会場まで行って料金を支払わねばなりません。また配布資料も全て印刷し、受付や会場設営のためにスタッフを確保し、など、今から思えば非常な手間だったなと思います。

その点、オンラインでのセミナーはスタッフの確保も不要だし、配布物はメールで送るだけ、会場もなく、Zoomで設定するだけなので、クリック一発で予約から支払いまでできるという簡便さ。また、関東近郊だけではなく、日本全国、時には海外からの参加も可能ということで、参加者の幅も広がりました。

このあたりはコロナが無ければ行っていなかったことかもしれません。

現在、参加者を募集しているオンラインセミナーは以下に一覧があります。

オンラインセミナー一覧
心理職や対人援助職の人に向けたセミナーの一覧です。

3.ホームページのリニューアル

これはまだオープンにはしてませんが、近々、ホームページをリニューアルを予定しています。そのために、現在、着々と準備中です。

というのも、コロナとは関係なく、昨年末のgoogleコアアップデートによって、相当PVが落ちてしまったことがあり、その対策のためです。色々と手を加えているので、リニューアルオープンしたら、また閲覧してみてください。

4.臨床と身体

心理療法、カウンセリングはいつものように淡々と毎日のようにこなしております。夕方以降の予約はかなり埋まる傾向があります。やはり仕事帰りの人が多いからでしょうか。

ですので、日中は波のように押し寄せてくる雑務や事務などがこなし、夜は面接を繰り返す、という人でございます。

こうした臨床にまみれるというのが私の仕事としては好みなので、おそらくこれからもずっと続いていくのでしょう。ただ、そうなると帰りは22時とか23時になり、夕食も遅くなり、それが下腹部の膨張に強い刺激を与えているという負の側面がありますが、そこは普段は否認して、見ないようにしております。

5.さいごに

毎年、この時期には振り返りのようなことを書いていますが、これは私自身の立ち位置を見直す良い機会になっています。今後も開業が頓挫し、倒産して、無職にならないように頑張ってまいりたいと思います。開業にしがみついて生きていく所存です。

【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴