【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

医学部受験で9年浪人〝教育虐待〟の果てに…(共同通信)

医学部受験で9年浪人 〝教育虐待〟の果てに…母殺害の裁判で浮かび上がった親子の実態(共同通信)

医者になるよう強く要望した母親を殺害し、遺体を損壊、遺棄した長女の裁判があった。9年間の浪人生活を送り、母の異常な干渉で追い詰められていた被告を、判決は「同情の余地がある」と判断した。教育を理由に、親が子どもに無理難題を強いる「教育虐待」が社会問題になっている。教育虐待がエスカレートし、行き着いた悲劇的な結末。親子の間に一体何が起きていたのか。公判では長年にわたる異常な生活状況が浮かび上がった。(共同通信=斉藤彩)

送検のため大津署を出る桐生のぞみ容疑者(中央)=2018年6月6日午後

写真 送検のため大津署を出る桐生のぞみ容疑者(中央)=2018年6月6日午後

教育虐待という言葉を最近はよく耳にするようになりました。

教育虐待とは、教育熱心というレベルを通り越して、子どもに対して過剰なまでに勉強を強いたり、受験を強要したり、勉強以外のことを取り上げたりすることです。このことによって、子どもの心身の健全な成長を障害してしまいます。

不登校になったり、摂食障害などの精神疾患になったり、ひきこもりになったりするような結末になることもあります。このニュースの被告もこうした要素が多分に含まれているようです。

また、教育虐待をする養育者は自身が学歴コンプレックスを抱えていたり、成績こそすべてと強迫的に考えていたり、子どものためと言いつつ実は養育者自身の思いを優先させてしまっていたりすることが多いようです。

ですので、養育者自身も教育虐待をしているとはなかなか自覚することができず、ますますエスカレートしてしまいます。

では、こうした教育虐待にならないようにするために、どうすれば良いのでしょうか。以下のようなことを心掛けると教育虐待に陥らず、子どもと良好な関係を築き、子どもの健全な成長をうながせるでしょう。

  • 親は子育て以外の趣味や仕事をもつ
  • 子どもをまわりと比較しない
  • 子どもをひとりの人間として扱う
  • 子どもの意志を尊重する
  • 子どもの成果と親の評価は別である
  • 結果ではなく「過程」をほめる
  • 子どもにぼーっとする時間を与える

こどもまなび☆ラボより

ただ、こうしたことは分かっていても、どうしても難しいこともあります。子どもを目の前にすると怒りが抑えられないこともあるでしょう。つい、成績のことで強く叱責してしまうことも親として当然な部分もあります。

ですので、自分自身ではコントロールできない場合には、誰かに相談することが大事です。さらには、臨床心理士のような専門家に相談することも良いでしょう。

当オフィスでも教育虐待についての相談を受けています。希望者は以下のページからお申し込みください。

カウンセリング・申し込み
カウンセリングを希望される方のための申し込みフォームです。
【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
社会問題
フォローボタン
心理オフィスK