神奈川県横浜市で臨床心理士によるカウンセリング(精神分析的心理療法、認知行動療法、EMDR等)を行っています。うつ病や不安、トラウマ、人間関係の問題を改善します。初回無料。夜23時まで開室。

心理オフィスK

-横浜の臨床心理士によるカウンセリング-

(神奈川県/横浜市/港北区/菊名駅から徒歩2分)

相談の申し込みは電話(045-717-5687)
もしくはinfo@s-office-k.com

> ホーム > カウンセリングの技法

 

実施できる心理療法・カウンセリングの技法

1 カウンセリングとは

 心理療法の基礎をなす技法です。クライエントの話を傾聴し、受容し、一緒に問題や解決を考えていきます。話をするだけで困りごとが解決していくことも意外とあります。が、カウンセリングだけでは解決が難しい場合には、以下に挙げるような専門的な技法を選択し、施行していくこととなります。

2 精神分析的心理療法

 数ある心理療法の中でも比較的古くからある伝統的な技法です。主に無意識を想定し、無意識の不具合が現実の様々な困難を作っている、という観点から心理療法を行います。症状を消去するというよりも、心の在り方や情緒体験そのものを変革します。そのことにより、豊かな心、余裕のある心、深みのある人生を目指す技法と言えます。

→精神分析的心理療法-歴史-の詳細について
→精神分析的心理療法-理論と実践-の詳細について

3 認知行動療法

 認知(物のとらえ方、考え方)と行動を変化させることにより、様々な問題ごとや困難、症状を改善していく技法です。どちらかというとトレーニングに近いイメージです。

→認知行動療法の詳細について

4 EMDR(眼球運動による脱感作と再処理療法)

 心理療法の歴史の中で比較的、最近開発された心理学的技法で、特にPTSD(心的外傷後ストレス障害)や解離性障害、トラウマ関連障害に特化した技法です。

→EMDR(眼球運動による脱感作と再処理療法)の詳細について

5 復職支援に対するカウンセリング

 様々なストレスによって精神症状が出て、それによって仕事ができなくなってしまうことはしばしば起こります。そのため、休業や休職をすることになります。そして体調が戻り、職場に復帰することになります。しかし、休業・休職中に何をするのか、復帰する際に何を気をつけるのかによって、スムーズに職場に復帰できるかどうかが変わってきます。うまく復帰できずに、職を失ってしまう方もそれなりにいます。ここでは職場へのスムーズな復帰をするために何が必要なのかを書いていきたいと思います。

→復職支援に対するカウンセリング-休職からリハビリ出勤まで-の詳細について
→復職支援に対するカウンセリング-退職してしまったら-の詳細について

6 発達相談

 子どもの発達や成長、育児についての相談を受け付けています。最近は自閉スペクトラム症やADHDといった発達障害と言われる子どもが多くなっていると言われています。実際の診断がつくのはその中でも一部でしょう。ただ、診断はつかなくても、発達に偏りがあったり、不全があったりすると、家庭の中や学校の中、社会の中で不適応になったり、問題が発生したりする場合もあります。

 そうした時に、セオリーとまではいかなくても、ある程度の対応のコツ、対処のコツがあるので、それを実践するだけでも、子どもの言動は大きく変化します。そうした関わりのコツについて相談を受け付けています。

7 家族相談・家族カウンセリング

 相談内容に書いたひきこもりや不登校などでは典型的ですが、クライエントさん本人が外出できなかったり、何らかの事情で通院・受診ができないときもあります。しかし、一部を除き、多くの医療機関では本人が受診しないと受け付けてくれないことが多いかもしれません。そのため、外出できないクライエントさんを抱えて家族は非常に困ってしまうことになります。当オフィスでは、もし、本人が外出できなくても家族の方だけで来室してくださっても構いません。家族としてどのように対応すれば良いのかの相談に乗ることが可能です。

 また、夫婦関係や親子関係で困られている方もおられるかと思います。厳密な家族療法というものはできませんが、家族や夫婦が同席し、一緒に問題を解決するために相談にのることもできます。


ホーム | 案内 | 自己紹介 | 相談内容 | 技法 | 研修会 | 企業向け | 料金 | 開室時間 | Q&A | 実績 | 相談の流れ | アクセス | 商取引表記 | プライバシーポリシー | 問い合わせ | 新着情報 | blog | twitter | facebook(個人) | facebook(オフィス) | sitemap


ツイートする このページにいいね facebookでリンクをシェア google+ ブックマークする LINEで送る
相談の申し込みは電話(045-717-5687)・メール(info@s-office-k.com)・メールフォーム

Copyright (c) 2015 - 2017 Psychological Office K All Rights Reserved.
〒222-0021 横浜市港北区篠原北2-4-17 ライラック103号,045-717-5687
Photo by Pawel Pacholec and Gianni Cumbo





▲TOP