認知行動療法

認知行動療法とは、認知(その人の考え方やものの見方)や行動に焦点を合わせて問題解決を図る心理療法です。精神科医のアーロン・ベック博士が開発した認知療法が体系化されていく中で、行動にアプローチをする行動療法と組み合わさり、現在の認知行動療法となりました。

最も有名な技法が認知再構成法と呼ばれるものです。人は生活している中で、無限の「自動思考」と呼ばれる思考を体験します。自動思考とは、本人が考えようとしなくても自動的に浮かんでくる思考のことを指します。例えば天気のいい時に「どこかへでかけようかな」と考えたり、頼みごとをして嫌な顔をされた時に「相手の人に悪かったかな」と考えたりする思考のことです。

この自動思考が常にネガティブに働いていたり、ぐるぐると頭をめぐってしまい他のことが手につかなかったりしたとき、「この自動思考は本当に正しい見方かな?」と検討し、柔軟な思考を手に入れていく方法が認知再構成法になります。

研究会

オンラインセミナー「精神科医と学ぶアンガーマネジメント入門」

研究会

オンラインセミナー「模擬面接で学ぶ困難事例の認知行動療法」

研究会

オンラインセミナー「認知行動療法の入り口-最初歩の理解と実践-」

読書

不眠症のカウンセリングのための4つの書籍

読書

公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法

読書

不登校の認知行動療法セラピストマニュアル

論考

カウンセリングにおいて認知行動療法に精神分析を活用すること

論考

心理臨床の基礎としての個人カウンセリング

読書

雑誌 精神療法「精神分析の現在」:精神分析の意義は治療にあるのか