【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

機能不全家族とは

家族という幻想

機能不全家族とは、家族の中の関係性に偏りがあり、本来果たさねばならない役割が放棄され、家族としての機能が破綻していることをいいます。そして、機能不全家族とアダルトチルドレンには密接な関連があります。

ここではその機能不全家族について解説します。

1.機能不全家族とは

家族の形態は多様で、一つとして同じものはありません。しかし、家族が健全に機能している時にいくつかの特徴がみられます。例えば、家族の中には一定のルールがありますが、一方では柔軟にそれを運用しています。家族の成員にはそれぞれの役割があり、その役割に満足しています。家族はそれぞれに対して敬意と尊敬をもち、尊重しています。家族は一体感がありつつ、しかし、変化をも受け入れます。

こうしたことがある場合にはいわゆる健康で、機能している家族といえるでしょう。

しかし、その反対に不健康で、機能していない家族もあります。ファーマーは機能不全家族の特徴を以下のように8つ挙げています。

  1. 拒絶的である
  2. 矛盾している
  3. 家族の成員に対する共感が欠如している
  4. 家族間の境界線の欠如している
  5. 親子の役割が逆転している
  6. 社会から孤立している
  7. 曖昧なメッセージを伝える
  8. 極端な論争や対立が繰り返されている

出典:Farmer, S. “Adult Children of Abusive Parents”, pp19-34. Ballantine Books, 1989,

またウォイティッツはアダルトチルドレンを作る機能不全家族の特徴を以下のように挙げています。

  1. 非合理的なルールが存在している
  2. 親が親役割が放棄し、子どもが親役割をする
  3. 家庭に他の人が入ることに強く抵抗する
  4. 雰囲気がとても暗い
  5. 家族間でプライバシーが侵害されている
  6. 家族から離れることができない
  7. 家族のなかで起こった苦痛や大変さは無視される
  8. 変化することに著しく抵抗する
  9. 家族同士が分断されている

出典:ジャネット・G・ウォイティッツ「アダルト・チルドレン―アルコール問題家族で育った子供たち」金剛出版 1997

この二つの理論には共通点が多いことが分かります。つまり、家族それぞれが歪な形で結びついており、役割が混乱し、配慮に欠け、共感性が損なわれている、ということです。

2.機能不全家族の影響

機能不全家族のなかで育つと大人になってから様々な問題が生じます。

(1)人の顔色が気になる

家族の誰かの機嫌を損ねないように気を使って生活をしていました。少しでも機嫌が悪くならないように、事前に察知し、先回りして対応してきました。そのサインは人の顔色です。顔色を見ることで、その後に何が起こるのかを予測します。

こうしたことが癖づいてしまうと、家族以外の人に対しても同様のことをしてしまいます。つまり、両親とは全く違うのに、同じように顔色を気にしてしまい、その人が機嫌が悪くなりそうなら素早く察知して、先回りして対応してしまいます。

もしかしたら、そうしたことで悪い関係になることを防いでいるのかもしれませんが、その代償として、不安と緊張が常に高く、一時たりとも心安らぐことができなくなります。さらには、人との関係で安心や安全を感じることができなくなってしまいます。

(2)感情がコントロールできない

機能不全家族のなかでは感情を押し殺して生活してきました。感情が出てくると、それは家族のだれかから攻撃されることになるからです。

感情は適度に発散したり、放出したりすることで、全体的にコントロールできます。例えば、時には愚痴を言ったり、不満を伝えたり、涙を流したりすることで、バランスを取るのです。

感情を押し殺し続けると、本当に感じていた感情が鬱積していきます。そして、ある瞬間にその抑えがきかなくなった時に爆発します。その爆発は抑え込んできた期間が長ければ長いほど大きなものになります。そして、大きければ大きいほど周りへの影響も大きくなります。

影響が大きいため、もう二度と同じようにならないために、さらに強く押し殺そうとします。しばらくはそれでうまく行くかもしれませんが、鬱積が再び溜まっていきます。そのさらに強く押し殺していたため、鬱積は以前よりもさらに強いものとなっています。それがある時にまた爆発してしまいます。

このように、押し殺す→鬱積→爆発→さらに押し殺す、という悪循環が作られます。この悪循環が続くことでだんだんと感情がコントロールできなくなっていくのです。

(3)自己否定してしまう

機能不全家族のなかで、常に悪者にされたり、弱者にされたり、やっかいもの扱いを受けたりしていると、健全な自尊心や自信が育つことはないでしょう。そして、何か問題が起こるとその原因にされてしまうと、自己否定的にもなってしまいます。

悪いことは全て自分である、という考え方の癖が形成してしまうと、なかなかそれから脱却することはできません。

自己否定しまうことが続くと、気分は低下し、気持ちは暗くなります。また楽しめることも楽しむことができず、遊んでいる時も没頭できません。

この癖は相当強いもので、人から「否定しなくてもよい」「良いところもある」といわれても、それを信じることができません。むしろ、励まされなくてはいけない自分はどうしようもなく悪い自分である、と自己否定してしまうのです。

また、良い出来事や良い自分は過小評価され、悪い出来事や悪い自分は過大評価されます。そして、悪い出来事や悪い自分の方は後々まで記憶され、維持されます。こうした性質が故に、悪い出来事や悪い自分がますます強くなっていきます。負のスパイラルといって良いでしょう。

(4)人に依存してしまう

依存というのはある程度あることが健康です。依存がない人はいません。不健康なのはこの依存が過度に強くなってしまうことです。

自分には自信がないので、自分で決断したり、判断したりすることができません。また自己否定があるため、自分の判断を信じることができません。そこで、誰か身近な人に依存し、その人の言うとおりに判断したり、決断したり、そして行動したりします。それによって、間違いを犯さないようにしているのでしょう。

この依存はある意味では家族関係・親子関係の反復であると理解できます。親のいうとおりに生きて、親に尽くして、自分を失うような生き方をしてきました。これが大人になって、再び親以外の人との間で同じように繰り返されているのです。

こうした依存は不健康そのものといえるでしょう。

(5)孤独を感じる

機能不全家族のなかで育つと、自分は自分であるというアイデンティティが形成されません。アイデンティティが形成されないと、一人でいることも、一人で行動することもできません。つまり、誰かがいないと孤独を感じるのです。

誰かがいないと心細く感じ、人を求めます。そして、人といても、常に捨てられないか、嫌がられないかということを気にしてしまい、やはり孤独を感じます。

一人でいるから人を求めるけど、人といてもやはり孤独を感じてしまう、というのは苦悩の深さを表しているように思えます。

3.アダルトチルドレンと機能不全家族

機能不全家族の影響として、「人の顔色が気になる」「感情がコントロールできない」「自己否定してしまう」「人に依存してしまう」「孤独を感じる」の5つを挙げました。

この5つの特徴はアダルトチルドレンに非常に重なります。アダルトチルドレンの原因として機能不全家族があるから当然といえば当然なのでしょう。

アダルトチルドレンは幼少期の家族、特に親との関係が非常に強く影響しています。言葉のとおり、子どもの時から大人役割を担わされ、子どもらしい自由奔放さを経験することができず、大人になってしまったのです。そのことにより、こうした5つの特徴を身に付けてしまったのです。

その他のアダルトチルドレンについての詳細については以下のページをご参照ください。

アダルトチルドレンのカウンセリング・相談
アダルトチルドレンは親や近親者から不適切な養育を受け、そのことによって成人してから人間関係や精神疾患、衝動的な行為などの問題・課題を抱えてしまっている人のことを指します。その支援には様々ありますが、カウンセリングが有用であることが多いです。

機能不全家族のなかで育ったから必ずアダルトチルドレンになるかどうかは分かりません。アダルトチルドレンにならずに健全に大人の生活を楽しんでいる人もいるでしょう。もしくは、機能不全家族のなかで育ち、アダルトチルドレンだったが、その後、さまざまな出会いや経験、自助努力によって克服した人もいるでしょう。

つまり、機能不全家族やアダルトチルドレンという問題は解決できる可能性があるということです。

4.アダルトチルドレンや機能不全家族の問題を相談する

アダルトチルドレンや機能不全家族のことについて自助努力ではどうしようもできなかった、という方もおられるでしょう。

そこで、もし臨床心理士や公認心理師などの専門家に相談し、アダルトチルドレンや機能不全家族を克服したい、という方は以下のフォームからカウンセリングをお申し込みください。

カウンセリング申し込みフォーム

【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
社会問題
フォローボタン
心理オフィスK