【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

発達障害の二次障害とは?二次障害を防ぐには?

これ以上苦しまないために

発達障害の二次障害とは一般に、発達障害や発達のアンバランスをもつ人に、二次災害的に生じる心身の症状や行動のことをいいます。二次障害の予防には早期からの継続的な支援が重要であり、カウンセリングもその一手を担います。

この記事では、二次障害とはどのようなものか、症状や行動と背景、また予防や対応について、解説しました。

1.発達障害の二次障害とは?

発達障害の二次障害とは、どのようなものを指すのでしょうか。ここでは、「二次障害」という概念と、二次障害として表れる症状や行動について説明します。

(1)何を二次障害ととらえるか

発達障害を抱える人の抱える困難の表れ方はさまざまです。そこには複合的な要因が絡み、時系列がはっきりしないことも多いです。そのため、どこからどこまでを「一次障害」「二次障害」とするかは専門家の間でも意見が分かれます。

ただ一般には、二次障害は「二次災害」のように捉えられることが多いようです。地震に連鎖して火災や停電が起きたとします。すると、地震を「一次障害」、火災や停電を「二次災害」と呼びます。このように発達障害における二次障害もそれと同様と考えます。

発達障害を持つこと自体が、すべて二次障害に直結するわけではありません。生まれつきの特性や発達のアンバランスに対して不適切なかかわりを受けた場合、あるいは適切な支援を得ていない場合に、もともと無かったものや無くてもすんでいた症状や行動があらわれたとき、それを「二次障害」と呼ぶことが多いのです。

(2)症状や行動

二次障害は、どのように表れるのでしょうか。ここでは二次障害の表れ方について、症状と行動に分けてお伝えします。

症状として表れる二次障害には、心に現れる精神症状や、体に現れる身体症状があります。精神症状には、抑うつ症状(気分の落ち込みや意欲の低下など)、不安症状(分離不安、社交不安、パニック発作など)、強迫症状(強迫観念や潔癖恐怖など)などがあります。また、身体症状には、頭痛や腹痛、朝起きられない、といったものがあります。

行動として表れる二次障害には、不登校や引きこもり、頭打ちや噛みつき、自傷行為や自殺企図、拒食や過食、反社会的な言動などがあり、エスカレートすると非行や犯罪にいたる場合もあります。

表にまとめると以下のようになります。

表1 二次障害の分類

症状実際の問題
精神症状抑うつ症状気分の落ち込みや意欲の低下など
不安症状分離不安、社交不安、パニック発作など
強迫症状強迫観念や潔癖恐怖など
身体症状頭痛や腹痛、朝起きられないなど
行動不登校や引きこもり、頭打ち、噛みつき、自傷行為、自殺企図、拒食、過食、反社会的な言動など

ただ、二次障害の表れ方は一様ではありません。本人のもつ素因や生活歴、現在の状況などによって表れ方はさまざまなので、ありとあらゆる症状や行動として表れる可能性があります。

2.背景要因と発覚まで

発達障害の二次障害は、どのようにして起こるのでしょうか。ここでは二次障害が生じる背景要因と、発覚するまでについて触れていきます。

(1)二次障害の背景

二次障害が起こる背景には発達のアンバランスだけではなく、対人関係やどんな生活をしてきたか、現在どんな環境や状況に置かれているかなど、さまざまな要因があります。

中でも、もともとある発達特性に由来する発言や行動で周囲から不適切なかかわりを受けたり、適切な支援が得られない状態が続いたりした場合は、二次障害のリスクが高まります。

以下に、いくつか例を挙げてみます。

注意欠陥多動性障害(ADHD)を持つ子どもは、授業中に立ち歩く、人の話を遮って発言する、といったことがあります。衝動のコントロールの困難という特性への理解と配慮が抜け落ちると、適切な支援が得られないばかりか、理不尽な叱責や集団内での孤立につながりかねません。周囲への不信感が募った結果、非行など、行動への影響が出る場合もあります。

学習障害(LD、限局性学習症)をもつ子どもの読み・書き・計算などの苦手さへの適切な環境調整が行われない場合、学業不振など学習への影響が出ます。そればかりか、単なる怠けや努力不足と評価されて自己評価が下がり、不登校につながる場合もあります。

自閉スペクトラム症(ASD)を持つ子どもの感覚過敏や独特のこだわりに由来する育てにくさに支援の手が届かないと、養育者からの虐待につながりかねません。また学校でも、独特の言動や行動が「空気が読めない」などと評価され、叱責やいじめを受けることもあります。そうした体験からの傷つきが重なると、パーソナリティ形成にも負の影響が出ます。

このように、発達障害を持つ人はもともと環境からの負の影響を受けやすい上、適切な援助が得られない場合は、二次障害のリスクがさらに高まります。

(2)発覚まで

表に出てきた症状や行動は、はじめから二次障害であるとわかるとは限りません。

精神症状が出たことで病院を受診して、実は発達障害がベースにあることがわかることがあります。また、不登校になってはじめて発達障害があるとわかるということもあるでしょう。このように、むしろ二次障害をきっかけに、背景に発達障害があることが判明することも多くあります。

また、症状や行動に表れないために、発見がむずかしい場合もあります。

発達特性によって言語での表現が苦手であったり、人とのかかわりや社会生活を避け続けていたり、困りごとへの本人の自覚が乏しかったりする場合です。こうした場合は、社交不安などの精神症状や身体症状があっても周囲からは見過ごされ、援助につながらない難しさがあります。

二次障害が深刻にならないように防ぐためには、早めに周囲が本人の困りごとに気づき、適切な支援につなぐことが重要です。

3.発達障害の二次障害の予防と対応

ここでは、発達障害の二次障害を予防するために必要なことと、二次障害が起こった場合の対応についてお伝えします。

(1)発達障害の二次障害を防ぐには?

二次障害の発現や悪化を防ぐには、発達のアンバランスへの、早期から継続的な支援を積み重ねることが大切です。本人がわからないことや苦手なことに周囲が気づいたら、早めに支援を検討しましょう。

支援の場には、乳幼児検診や発達相談、幼児期における療育支援、保育園での相談活動、学齢期にはスクールカウンセリングや教育相談、さらに病院でのアセスメントや支援、就労支援などがあります。

支援の例としては、ペアレント・プログラムによる養育者への心理教育、本人の適応行動の獲得を助けるスキルトレーニングなどがあります。

また、本人や家族が相談できる相手がいることは当事者たちの孤立を防ぎ、安心感を支えます。

一人ひとりの状況やライフステージに応じた継続的な支援が、発達特性を持ちながらも適応的な生活を送る力を支え、二次障害の予防にもつながっていきます。

(2)発達障害の二次障害が起きてしまったら

上に示したような症状や行動がみられる場合は、それが二次障害なのかかどうかに関わらず、症状や困りごとに応じた専門機関へ相談しましょう。

精神症状や身体症状があれば病院、不登校など学校にまつわる困りごとはスクールカウンセラーや教育相談を活用すると良いでしょう。

支援の例としては、精神症状があれば生活リズムの調整や薬物療法、カウンセリングによる不安や気分の把握したり、さらには認知や行動のしかたへのアプローチ、そして環境調整が行われます。

カウンセリングでは、症状や行動を単に「問題」と捉えるのではなく、本人の能力や良い点にも着目して援助を行います。

精神症状はSOSを出す力、不登校や引きこもりは自分に合わない環境を拒否する力、とも考えることができます。さらに、二次障害がそれまで起きなかったことからは、周囲の対応の良い面や本人の適応的な側面が見えてくるかもしれません。

そうして本人や周囲のもつ力を支えながら、カウンセラーと本人との共同作業でより生きやすい状態を探っていきます。

4.二次障害について相談する

発達障害の二次障害について、その概念と現れ方と背景、予防、対応について説明しました。発達のアンバランスが本人の様子から疑われる場合には、周囲が気づいて早期からの継続的な支援につなぐことが大切です。

二次障害の発生や深刻化を防ぎ、本人が発達のアンバランスを抱えつつ、より生きやすくなるための援助の一手として、当オフィスのカウンセリングも是非ご検討ください。

カウンセリングのお申し込みは下のフォームからご連絡ください。

カウンセリング申し込みフォーム

またそもそもの発達障害の詳しいことが知りたい方は以下のページをご覧ください。

発達障害のカウンセリング・相談
発達障害は、自閉症、注意欠陥多動性障害、学習障害、知的障害などの広範な遺伝的負因による障害です。発達障害は心と身体の成長や発達がうまく作動しなかったり、アンバランスになったりします。発達障害の原因、特徴、症状、治療、支援について解説します。

5.参考文献

【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
社会問題
フォローボタン
心理オフィスK