精神分析

精神分析とは、フロイトによって創始された心的現象の無意識的意味の解明方法=精神分析的方法のことを指します。しかし、場合によっては、その方法を基本とした精神分析療法を指したり、精神分析療法により作り出された精神分析理論を指したりします。これらは三位一体の形で発展し、現在に至っています。

フロイトが編み出した原法は、クライエントを寝椅子に横たわらせ、頭に浮かんでくることを何でも話させるというものでした。クライエントが途中で黙り込むのを無意識的なものに直面する抵抗と捉えました。また、治療者に過去の両親に対する感情を向ける(=転移)のは、症状や問題行動の背後に不安や葛藤があるためと捉えました。そうした解釈による一連の過程(=ワークスルー)を経て、知的洞察や情緒的洞察が得られ、治癒に至ると考えました。

現在では、カウンセラーとクライエントが対面で座って行う精神分析的心理療法が一般的になっています。

研究会

オンラインセミナー「精神分析的リエゾン・コンサルテーション」

文芸・映画

精神分析と演劇

研究会

オンラインセミナー「アドラー心理学の理論と臨床」

論考

精神分析とメンタライゼーション

論考

開業カウンセラーの孤独とそのワークスルー

研究会

メンタライゼーションという概念-独創的でありながら、ありふれて見える不思議-

研究会

オンラインセミナー「精神分析的心理療法の理論と実践」

読書

精神分析体験:ビオンの宇宙―対象関係論を学ぶ立志篇

論考

精神分析的心理療法における外的構造について

論考

スクールカウンセラーにおけるセラピーの視点