発達障害

発達障害は、生まれつき脳の発達が一般的な発達を遂げる人々とは異なる発達をすることで生じます。幼少期から特徴的な様相が見られることもありますが、学生の頃は違和感を覚えつつなんとか乗り越えたものの、社会に出て周囲との噛み合わなさを感じて発覚するケースも増えつつあります。

いくつかのサブタイプがありますが、自閉症、ADHDが代表的なものとして耳にしやすいでしょう。特徴としては、音や光、肌触り等に敏感、冗談や婉曲表現が分かりづらい、相手の心情を感じ取るのが苦手、集中しようと思っても注意が持続しない、後から考えると良くなかったなと思うことを衝動的に言ってしまうなどがあります。

とはいえ、1つのことに高い集中力を保って作業を行うことができたり、連想が広がり様々なアイデアを出したりすることが可能な方々でもあるので、就労移行支援事業所やWAIS-Ⅳなどを活用し、ご自身の特性にあった環境を見つけていくと能力が発揮しやすいでしょう。

研究会

日本精神分析学会第64回大会感想記:発達障害、設定、資格、トラウマをめぐって

論考

発達障害に対するEMDRの適用と実施

論考

カウンセリングにおける気付きと発見、そして生きている感覚

論考

発達障害のカウンセリングや精神分析的アプローチ

読書

児童分析家の語る子どものこころの育ち

研究会

神奈川県臨床心理士会のカウンセリングについての全体研修会