出生外傷

1924年にオットー・ランクは出生は胎児にとって圧倒的な恐ろしい経験につながると仮定しました。彼は、このトラウマが女性の性器への恐怖を含む多くの後の恐怖の引き金になる可能性があることを指摘しました。例えば、暗い部屋で一人でいることへの恐怖など、子宮の記憶がいくつかの恐怖の起因であると主張しました。このように、オットー・ランクは出生前心理学を発達させました。

ただ、精神分析では自己、対象、意識は出生後に発達すると想定されています。そのため、フロイトは出生は人間の最初の恐怖体験であると認めたものの、オットー・ランクはこのイベントの意味を過大評価していると批判しました。

しかし、現代精神分析は、ランク説を母子の分離とそれに伴う分離不安を比喩的に論じたものとして、対人関係論的に再評価しようとしています。ドナルド・ウィニコットなどは、一部の赤ちゃんは出生時の問題(酸素不足など)のために破滅的な経験をするとしました。このことにより、心身症の症状(頭痛、胸部および呼吸困難など)は出生前に起因する問題として理解しました。

読書

出生外傷からみるランクの空想と現代精神分析への貢献

読書

オットー・ランクの出生外傷論について