カウンセリング

カウンセリングとは、様々な悩みを持って解決したいと相談に訪れる相談者(クライエント)と、専門的な知識を持ちクライエントを援助する被相談者(カウンセラー)との間で起こる相談行為のことを指します。

カウンセリングと聞くと「ただ話を聞いてもらう場である」という印象がありますが、そうではなく、クライエントさんの自己探索をカウンセラーが支える構造になっています。落ち着いた静かな環境で、気持ちを受け止め自己探索を促すカウンセラーとの関係の中で語りを続けていくと、これまで気が付かなかった自分の気持ちや考えを発見することがあります。気が付いたことを語り、それを基に再び自分に視線を向けて、建前ではない本音を探索していきます。

そのようなやりとりを繰り返し行う中で、悩みに対しての気持ちや考えを整えていくことが、カウンセリングの中で行われます。また、語ることそれ自体によって考えがまとまったり、気持ちがすっきりしたりするという効果も期待されます。

論考

カウンセリングの終結について

論考

カウンセリングにおいて解釈をしないことのリスク

読書

トラウマをめぐって:PTSD治療の難題について

論考

カウンセリングにおける傾聴と愛情にまつわるファンタジー

論考

優しさを苦痛に感じるクライエントについて

読書

カウンセリングにおける失敗とミスについて

論考

カウンセリングにおいて否定的な関係になることをめぐって

読書

カウンセリングとSST

論考

臨床症状のない重篤なクライエントのカウンセリング

論考

精神科でのカウンセリングについて