無意識

無意識はフロイトによって広められたものです。フロイトは精神を意識的な精神(または自我)と無意識の精神に分類しました。さらに無意識をイド(または本能)と超自我に分類しました。フロイトは人間の意識は、意識、前意識、無意識という階層構造を持っており、無意識は何らかの理由で自分のものとは認めがたい欲求や願望、感情、トラウマ的記憶などが抑圧されて本人には自覚されないものであるとしました。

しかし、これらは行動に影響を与え、言い間違え(例:議長が開会の挨拶で「議会の閉会を宣言します」と言う)や夢(例:振られた恋人と夢の中ではまだ恋人同士である)などに無意識の願望などが垣間見えることがあるとしています。

こうした無意識の隠されたメッセージは、普通の人にはなかなかアクセスが難しいものですが、夢や自由連想法などを用いて、精神分析家は無意識からのメッセージを読み解いていきます。

論考

カウンセリングでカウンセラーが自己開示をすることについて

論考

カウンセリングにおける精神分析の活用

読書

「想起、反復、ワークスルー」精神分析は無意識を意識化するだけはない