チーム医療

1人の患者に複数の医療専門職が連携して治療やケアにあたることをいいます。従来の主治医中心の治療に対し、医療関係者が互いに対等に連携していくことで患者中心の医療を実現しようという理念のもとに実施されています。

それまでの主治医主導の医療支援へは各医療従事者の主体性発揮の難しさが指摘されてきました。2010年の厚生労働省による「チーム医療の推進に関する検討会」があった以降、コ・メディカルの活用を促進する仕組みが検討されました。そして、それぞれの医療従事者が意見交換しながら最善の医療を施すという考え方が基盤とされています。具体的には合同でのカンファレンス、カルテや看護記録の統合などがあげられ、当事者や家族もメンバーの1人として含まれています。

チーム医療の考え方は海外でも広がっており、医療の高度化に必要なものとなっています。日本でもしだいに各分野へ浸透しており、病院だけでなく、地域医療においても実践の動きが広がっています。

研究会

公認心理師現任者講習会に参加して-中篇-

研究会

公認心理師現任者講習会に参加して-前篇-