【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

アダルトチルドレンに適した仕事とは

悩みは大きいかもしれないが

皆さんは「アダルトチルドレン」という言葉を知っているでしょうか。

アダルトチルドレンとは、正式な病名ではありませんが、主に幼少期から思春期に経験した数々のトラウマによって大人になってからも人間関係を形成する場においてストレスを抱えやすいです。そして、アダルトチルドレンは過食症や拒食症、リストカットなどの自傷行為、アルコール依存症など様々な精神疾患を抱えるリスクが高い人や状態を指します。

では、そうしたアダルトチルドレンにとって向いている仕事や継続しやすい業務は一体どういったものでしょうか。

今回は「アダルトチルドレンに適した仕事」を中心に説明します。

1.アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンとはは、アルコール依存症の親を持つなど不安定な家庭環境で育ち、親子関係において数々のトラウマを抱えながら不幸な子ども時代を過ごしたことが多い人をいいます。アダルトチルドレンは、そうしたことが影響することによって成人になった以降も普段の生活において少なからず息苦しさや苦難を自覚している人たちのことを意味します。

根本的に人間のパーソナリティは幼児期などにおいて、身近な存在である家族を中心とする人間関係の相互作用の中で形成されていくものです。

ところが、アダルトチルドレンの場合には、子どもが安心して生活できないほど日々緊張と不安を目の当たりにする家庭内で育ってきたため、人格的にも様々な問題を長期に渡り抱えることが往々にして認められます。

前述した病的な育児環境で過ごすファミリーのことを専門的に機能不全家族と呼びます。機能不全家族については以下のページに詳しく書いています。

機能不全家族とは
機能不全家族とは、家族の中の関係性に偏りがあり、本来果たさねばならない役割が放棄され、家族としての機能が破綻していることをいいます。そして、この機能不全家族がアダルトチルドレンに強く影響を与えます。

そうした家庭内では父が家族に暴言を浴びせて暴力を振る舞う、夫婦仲が悪くけんかが絶えない、父母ともに仕事が多忙すぎて子どもを放置して無関心である家庭なども含まれています。

2.アダルトチルドレンの特性とは

アダルトチルドレンにおける主な特性は、一言でいうと「自尊心の低さ」に尽きます。

そもそも人が自分のことを肯定的に価値のある人間だと自意識できるようになるためには、特に子どもの頃にありのままの自分を受容してくれる存在が身近にいて、自分は深く愛されていると実感することがとても重要です。

ところが、元来子どもを愛してあげるべき両親が何かしらの病気を患っていたり一定の依存症であったり、また児童虐待をするようなケースが存在します。そうした子どもは「親が望むように常に良い子にしていなきゃ」という風に、条件付きの愛情しか得るできず、十分な愛情をほとんど経験することなく大人になってしまいます。

そうすると、子どもというのはほとんど自尊心や自己肯定感が育まれずに、大人になってもはっきり自分の意見を言えずに押さえ込んでしまったり、周囲が期待しているように振る舞わないといけないと強く思います。

そうしたことから明確に他人を拒否出来なかったり、相手にしがみついて依存してしまうことに繋がり、結果的に自分の中に強烈なストレスを抱えて自らも精神疾患にかかるリスクが上昇すると一般的にいわれています。

特にアダルトチルドレンでは、他人を妄想的に支配したいという願望がある一方で、他者から必要とされる自分でありたいと必死にもがく心理的特徴を有します。このことが人間関係において「共依存」と呼ばれる歪んだ関係に陥りやすいとされています。

一旦アダルトチルドレンの子どもは容易に不登校になったり、学校内不適応障害を引き起こしたり、引きこもりに繋がったり、自傷行為をしてしまったり、大量薬物中毒などの自己破壊的行動を繰り返したり、非行などの逸脱行為に走ったりする傾向が多くなってしまいます。

3.アダルトチルドレンに適した仕事とは

さて、これまで述べてきたアダルトチルドレンの方々にとって、真に向いている仕事や安心して継続できる仕事は一体どういった種類のものでしょうか。

(1)仕事をする上で気を付けるポイント

アダルトチルドレンには何をしても楽しいと思えない、親密な人間関係を築けない、あるいは相手に依存してしまっていかなる手段を用いてでも他人から認められたくて逸脱した行動をとってしまう、依存的な恋愛関係を築いてしまう、過剰に自分を追い詰めて罪悪感を抱いてします、など様々な偏った行動傾向があります。

ですので、そうした中でどの行動なら変化させやすいか、あるいはどの場面でどんな言動を選択するかということを基にして自分に向いている仕事を探して、本当の意味で居心地の良い職場環境を追求する必要があります。

アダルトチルドレンは深在意識として他人から嫌われるのに不安感が強いためについ嘘をつきやすい性格になりがちです。ですので、仮に何かの仕事で上手くいかなかった際には、自分自身でそうしたアダルトチルドレン特有の習性を認識した上で努力して同僚に真っ直ぐ失敗を伝えたり、上司や部下にも素直に謝罪することが重要です。

(2)一人でする仕事

アダルトチルドレンは自分自身が社会に見捨てられることに対して強い恐怖心を抱くために周囲の人々が期待するように行動する傾向があり、いつも他人の評価を気にしすぎる点が特徴的です。そのため、例えば農作業やプログラマー、漫画家など一人でもスムーズに作業工程が進む労働環境が適していると考えられます。

(3)スキルとコミュニケーションを使う仕事

アダルトチルドレンは他人から愛情を求め、人から褒められたい願望が強く、多忙で派手な仕事を選ぶ人が多いですが長続きしません。

アダルトチルドレンの方にとっては根本的には、スキルの習得が大切であり、技術を身に付ければ自分で自我を認められることにも繋がります。

これらのことから、人から感謝されやすく、手に職をつけて、しかも他人と会話もできるような例えば美容師さんやマッサージ師などの仕事が向いているともいえます。

(3)社会貢献する仕事

また、アダルトチルドレンに適した仕事の一つとして、人から必要とされ一緒になって頑張ってくれる仲間が多い仕事が挙げられます。

例えば、インターネット上でブログを開設したり、自分の経験などに基づいてツイッターやインスタグラムを更新するような作業はアダルトチルドレンの人にとっては社会に貢献しているという実感が得られやすく、働きながらも副業として活用しやすくコミュニティを広げることが出来ます。

(4)イレギュラーの少ない仕事

また、イレギュラーなことが少ない仕事を選ぶことをお勧めします。なぜならば、規則正しく、なるべく変化の少ない労働環境を見つけることが出来れば、アダルトチルドレン特有の感情を理性でコントロールすることもできやすくなるからです。

4.仕事のことで相談するには

最後になりますが、アダルトチルドレンを克服していくには、上手にカウンセリングなどを利用して、ありのままの自分と向き合い直して、徐々に自尊心を育てていく必要があります。

そうして時間をかけてゆっくり目標に向かって進んでいくことで、自分の価値を自ら本当の意味で認めることができ、結果的に自分に適した仕事を探すことが出来て、満足できる良好な日々の生活を実感することができるようになるでしょう。

こうしたアダルトチルドレンについて詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

アダルトチルドレンとは:原因、特徴、治療、カウンセリングなどを解説
アダルトチルドレンは親や近親者から不適切な養育を受け、そのことによって成人してから人間関係や精神疾患、衝動的な行為などの問題・課題を抱えてしまっている人のことを指します。その支援には様々ありますが、カウンセリングが有用であることが多いです。

また、仕事の上で悩んでしまった時にはカウンセリングを受けることで問題を打開することができるかもしれません。当オフィスでカウンセリングをご希望の方は以下からお問い合わせしてください。

カウンセリング・申し込み
カウンセリングを希望される方のための申し込みフォームです。

5.参考文献

  • 塚原貴子ら:アダルト・チルドレン特性と対人関係でのストレスの自覚の程度との関係 : 看護学生と他学科学生との比較, 川崎医療福祉学会誌 15(1), pp-95-101, 2005.
  • 緒方明:アダルトチルドレンと共依存, 誠信書房, 1996.
  • 八木秀夫:家族における相互作用と個人のシステム境界の形成―接触と分離のバランス―, 仁愛大学研究紀要 人間学部篇9, pp25-33, 2010.
  • 本間真宏ら:対人援助ということ, 東京家政大学研究紀要48(1), pp97-107, 2008.
【監修者情報】

  • 甲斐沼 孟 先生
  • 資格:医師、日本病院総合診療医学会認定医、厚生労働省認定緩和ケア研修会修了医、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本医師会認定産業医、他多数
  • 経歴:平成19年に大阪市立大学医学部医学科を卒業後に初期臨床研修を2年間修了後、平成21年より大阪急性期総合医療センターで外科後期臨床研修、平成22年より大阪労災病院で心臓血管外科後期臨床研修、平成24年より国立病院機構大阪医療センターにて心臓血管外科医員として研鑽、平成25年より大阪大学医学部附属病院心臓血管外科非常勤医師、平成26年より大阪市内救急病院にて勤務、令和3年現在同院救急科医長。