横浜の臨床心理士・公認心理師によるカウンセリング、精神分析的心理療法、CBT、EMDR等で鬱やトラウマを改善。教育分析、スーパービジョンも実施。22時まで開室。土日祝開室。

心理オフィスK

-横浜の臨床心理士によるカウンセリング-

(神奈川県横浜市港北区の菊名駅から徒歩2分or5分)

カウンセリングの申し込みは電話(045-717-5687)
もしくはinfo@s-office-k.comメールアドレス



> ホーム > 読書 > ウィニコットとの精神分析の記録-精神病水準の不安と庇護-

 

ブログ(読書)

過去のお知らせや日記、雑記、論考、書籍の書評を掲載しています。

更新を随時受け取りたい方は以下のRSSフィードを登録してください。RSS配信中RSSフィード


ウィニコットとの精神分析の記録-精神病水準の不安と庇護-

マーガレット・リトル(著) 神田橋條治(訳)「ウィニコットとの精神分析の記録-精神病水準の不安と庇護-」岩崎学術出版社 1990年/2009年外部リンクを読んだ感想を書きます。

目次

  1. リトルとウィニコットの精神分析
  2. ウィニコットの精神分析の実際
  3. 精神病水準の不安体験とは

1.リトルとウィニコットの精神分析

 マーガレット・リトルはいわゆる独立学派に属する精神分析家・訓練分析家で、ウィニコットから教育分析や個人分析をうけていました。ただ、スーパービジョンを誰に受けていたのかは不明です。その彼女がウィニコットとの精神分析セッションについてまとめたのが本書です。

 こうした本を書き表すこと自体がウィニコットとの精神分析がワークスルーされてない証左であると言う人もいますが、それでも実際の精神分析セッションでのウィニコットのあり方がうかがい知ることができるのは貴重な史料であるともいえます。

2.ウィニコットの精神分析の実際

 ウィニコットは600篇以上の論文を書いていますPDF外部リンクが、いずれも臨床素材は断片的なものが多く(「抱えることと解釈外部リンク」「子どもの治療相談面接外部リンク」を除いて)、理論とその精神分析実践との関係が分かりにくいところがあります。

 本書ではウィニコットがリトルを実際にどのようにholdingPDF外部リンクしたのかがよく分かりますが、それは心理的なものだけではなく、かなり身体的・物理的なものまで含まれていたようです。実際にリトルの手を握ったり、精神病院に付き添ったりということもあったようで、立場からすると精神分析家のアクティングアウトと言われかねないような事態であるといえるかもしれません。しかし、ウィニコットはいくつかの論文で精神病水準の重たい病理の患者には解釈ではなく、マネジメントが必要といっており、その実態の一部がここでつまびらかにされているのは非常に興味深いでしょう。

3.精神病水準の不安体験とは

 また、ウィニコットの精神分析セッションのあり方以外にも、リトルの精神病水準の体験を自己報告という形で、理解できるのも非常に貴重であるといえます。それもリトルが精神病水準の不安を持ちつつ、それを整理して、まとめることができるだけの力量があったからであるといえるのでしょうが。

 このような解体破滅的な不安を実際のクライエントさんはどのように体験しているのかを知ることは実際の精神分析臨床やカウンセリングをしていくうえで大いに参考になるのではないかと思います。

関連記事

公開:2018-01-04 更新:2019-03-20
読書  北川 清一郎

ホーム | ブログ | 挨拶とギャラリー | 自己紹介 | 相談内容 | 技法 | 心理検査(WAIS-4) | 教育分析・スーパービジョン | 企業向け | 料金 | 開室時間 | Q&A | 来所者 | 相談の流れ | アクセス(横浜) | 商取引表記 | プライバシーポリシー | リンク | 菊名巡りblog外部リンク | twitter外部リンク | facebook(個人)外部リンク | facebook(オフィス)外部リンク | インスタグラム外部リンク | sitemap | 予約申し込み


twitterボタン フェイスブックいいね フェイスブックシェア google+ はてなブックマークボタン LINEボタン

カウンセリングのお申し込みは電話(045-717-5687)・メール(info@s-office-k.comメールアドレス)・メールフォーム

Copyright (c) 2015 - 2019 Psychological Office K All Rights Reserved.
〒222-0021 神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-17 ライラック102号・103号,045-717-5687
Photo by Pawel Pacholec and Gianni Cumbo


▲TOP