横浜の臨床心理士によるカウンセリング、精神分析的心理療法、CBT、EMDR等で鬱やトラウマを改善。22時まで開室。土日祝開室。

心理オフィスK

-横浜の臨床心理士によるカウンセリング-

(神奈川県横浜市港北区の菊名駅から徒歩2分)

カウンセリングの申し込みは電話(045-717-5687)
もしくはinfo@s-office-k.comメールアドレス

> ホーム > カウンセリング実績

公開:2017-03-21 更新:2018-05-17

カウンセリング実績

目次

  1. 来所されたクライエントの性別
  2. 来所されたクライエントの年齢
  3. 来所されたクライエントの職業
  4. 来所されたクライエントの通院状況
  5. 来所されたクライエントの主訴

 ここでは、来所されたクライエントの性別、年齢、職業、精神科通院歴、主訴などの統計情報をグラフにまとめています。ちなみに、このデータは2018-05-05の時点のものです。

1.来所されたクライエントの性別

クライエントの性別

 一般的にカウンセリングに来られる方は女性が多いですが、当オフィスでも同様に女性の方が多いです。おそらく話をしてスッキリするという心のあり方が顕著なのかもしれません。それに対して、男性は自分の気持ちを率直に話すことが苦手だったり、弱みを人に見せることに躊躇する文化的なことが関連しているのかもしれません。

2.来所されたクライエントの年齢

クライエントの年齢

 30歳代が一番多く、次いで20歳代、40歳代と続きます。当オフィスは自費によるカウンセリングしかないので、来所されるにもある程度の経済力が必要だからかもしれません。

3.来所されたクライエントの職業

クライエントの職業

 会社員が全体の4割強になり、次いで無職の人が2割強ぐらいとなっています。無職の中には引きこもりの方、生活保護の方、病気により退職してしまった直後の方などがおられます。心理職が5%いるのは、専門家としての研鑽のためにスーパーヴィジョン個人分析を受けに来られているためです。

4.来所されたクライエントの通院状況

クライエントの通院状況

 精神科や心療内科を受診中の方は全体の4割弱です。そして、受診されてない方は6割強です。医学的には病気や疾患ではなくても、人間関係に悩んだり、生活習慣に困ったり、もしくは人生上の困難を抱えたりして、それを解決することを求めて来られています。

5.来所されたクライエントの主訴

クライエントの主訴

 一番多い悩みごとは人間関係についてで、次いで自分自身の性格となっています。このあたりは今も昔も人を悩ませることなのかもしれません。また、トラウマの問題については当オフィスの特性からカウンセリングを申し込んでこられる方は多いです。さらに、人生についての悩んでおられる方は、精神分析的心理療法を求めて来られる方が多いように思います。訓練が7%ですが、これはスーパーヴィジョン個人分析を希望されている方の割合です。ちなみに、発達障害の割合が1%とかなり少ないですが、途中から問診票に入れたため、そうなっています。


関連記事


ホーム | 新着情報 | 案内 | 自己紹介 | 相談内容 | 技法 | 研修 | 企業向け | 料金 | 開室時間 | Q&A | 実績 | 相談の流れ | アクセス(横浜) | 商取引表記 | プライバシーポリシー | blog外部リンク | twitter外部リンク | facebook(個人)外部リンク | facebook(オフィス)外部リンク | インスタグラム外部リンク | sitemap | 予約申し込み


twitterボタン フェイスブックいいね フェイスブックシェア google+ はてなブックマークボタン LINEボタン

カウンセリングのお申し込みは電話(045-717-5687)・メール(info@s-office-k.comメールアドレス)・メールフォーム

Copyright (c) 2015 - 2018 Psychological Office K All Rights Reserved.
〒222-0021 神奈川県横浜市港北区篠原北2-4-17 ライラック103号,045-717-5687
Photo by Pawel Pacholec and Gianni Cumbo


▲TOP