【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

戻れない古里 今も4万1241人が避難 東日本大震災10年(毎日新聞)

東日本大震災

戻れない古里 今も4万1241人が避難 東日本大震災10年(毎日新聞)

死者・行方不明者2万2200人に上る戦後最大の自然災害となった東日本大震災は11日、10年の節目を迎えた。津波に襲われた岩手、宮城両県の沿岸部には災害に強い新たなまちが生まれた。福島県では東京電力福島第1原発事故による避難指示の解除が進んだが、帰還できない土地が残る。

東日本大震災の現状

東日本大震災から本日でちょうど10年が経過しました。復興が徐々に進んできた部分と、まだまだ傷跡が残る部分と両方があります。

震災のトラウマによるPTSD患者はまだ多くいると聞き及んでいます。人はトラウマを受けると、多かれ少なかれ症状を引き起こします。症状というのは以下のようなものを指します。

  • フラッシュバック
  • 過覚醒
  • 回避行動
  • 否定的思考
  • 感情の麻痺

こうした症状は多くは短期間で消失します。それだけ人間には回復力が備わっているということでしょう。

しかし、トラウマを受けてから症状が消失せず、1ヶ月を超えて続く場合にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されます。そして、PTSDになると、自力での回復はなかなか難しくなります。

さらに、記念日反応と俗にいわれますが、トラウマを受けた日時に症状が悪化、増悪、再発をしてしまいます。東日本大震災であれば、本日の3月11日がそれに当たるでしょう。

また、当時のニュースや写真などを見たりすることで、当時のことを想起し、症状が悪化、増悪、再発してしまうこともあります。もしそうであるならば、避ける方が無難でしょう。もしくは、日常生活を崩さず、さらには趣味にいそしむように努力できればと思います。

そして、どうしても自力では難しいということであれば、我々のような臨床心理士や精神科に相談できればと思います。

このようなトラウマ・PTSDについての詳しいことは下記のページに書いているので、ご参照ください。

トラウマ・PTSDとは:原因、症状、心理、種類、診断、克服などを解説
トラウマとは、いわゆる「心の傷」といわれるものです。身体が傷つくことと同じように同じように心も傷ついてしまいます。そして、フラッシュバックや過覚醒、回避などのいくつかの症状が重なるとPTSDという診断になります。

また、当オフィスでのカウンセリングや相談を希望される方は以下の申し込みフォームからご連絡ください。

カウンセリング申し込みフォーム

【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
社会問題
フォローボタン
心理オフィスK