【臨床心理士、公認心理師が困り事の相談にのります。対面・オンライン可】

スピリチュアルカウンセリングのリスク

なぜ人は騙されるのか

以下のようなニュース記事を見かけました。現代社会では、現代社会だからこそかもしれませんが、こうしたスピリチュアルカウンセリングにはまる方が多いようです。

怖いほどスピリチュアルにのめり込んだ彼女が、ポロリとこぼしたホンネ(ずんずんの女のカイダン 第3回 ライフスタイル ウートピ 2017-09-21)

ふとした瞬間に聞こえてくる女性の悲鳴。耳をすませば、ほら。どうやら今回の彼女は「自分の選ぶ道」に自信が持てないようです。数々のエリートやハイスペ女子を見てきた元外資系OLのずんずんさんはこの恐怖を、どう解き明かすのでしょうか。

怖いほどスピリチュアルにのめり込んだ彼女が、ポロリとこぼしたホンネ|ウートピ
ふとした瞬間に聞こえてくる女性の悲鳴。耳をすませば、ほら。どうやら今回の彼女は「自分の選ぶ道」に自信が持てないようです。数々のエリートやハイスペ女子を見てきた元…

こうしたスピリチュアルカウンセリングに依存し、大金を失ってしまう人はそこそこ多そうです。それほど現実の苦しみを魔術的に排除したいということなのでしょうが。

おそらくスピリチュアルカウンセリングには癒しということを誘惑にし、苦痛な現実もしくは現実の苦痛さを魔術的に排除しようとする機序があるように思います。つまり、苦痛を見ないふり、なかったことにするということです。欲望の即時充足ともいえるでしょう。

そのため、目先のことに限れば、スピリチュアルカウンセリングの方が魅惑的に見えるのは当然なのかもしれません。

なので、常に依存してしまうことになってしまいがちです。つまり、心の成長がないとも言えます。

一方で、いわゆる臨床心理士などの行う心理療法やカウンセリングは苦痛に向かい合い、苦痛を抱えることができるようになることが目指されます。それはすぐに楽になれるものではないのですが、将来的な心の成長に繋がるものです。

それは即時に苦痛を取り除くものではありません。しばらくはその苦痛と付き合い続けることが求められます。それは時として非常に辛いプロセスでもあります。言い換えるなら、目先の快楽を一時的に断念し、将来的なメリットである心の成長を得ることにあります。そこには意思の力も必要になるかもしれません。

そして、そうしたことを手助けできるために教育分析や個人分析スーパーヴィジョンといった訓練を経ているのです。

【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
論考
フォローボタン
心理オフィスK
タイトルとURLをコピーしました