臨床心理士

臨床心理学に基づいた知識と技術で援助する専門職は、日本ではさまざまな名称で呼ばれています。その中で喪臨床心理士とは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格、およびその資格を有する心理専門職のことです。

臨床心理士には一定の研修を条件に5年ごとに資格更新する義務があります。そして、1988年12月に第1号の臨床心理士が誕生して以来、医療・保健や教育、福祉、司法、産業など、活動領域は多岐にわたります。

臨床心理士には、主に4つ専門業務があります。1つ目は、種々の心理テストや観察面接を通じて、各人に固有な特徴や問題点を明らかにし、どのような方法で援助するのが望ましいか明らかにしようとする臨床心理査定です。2つ目は、精神分析・認知行動療法・家族療法・集団心理療法など、さまざまな臨床心理学的技法を用いる臨床心理面接です。3つ目は、地域住民や学校、職場などのコミュニティ全体に焦点をあてて心理的支援を行う臨床心理的地域援助です。4つ目は、以上3領域に関する調査・研究です。

研究会

無料オンラインセミナー「心理職1年目のためのカウンセリング入門」

資格

公認心理師の現任者の問題点

読書

臨床心理士をめざす大学院生のための精神科実習ガイド

研究会

オンラインセミナー「ロールシャッハテストの実施・集計・解釈の実際」

研究会

第1回公開セミナー「臨床心理士・公認心理師のための開業セミナー」

資格

大学院の単位では公認心理師を受験できない人のために

論考

精神科でのカウンセリングについて

お知らせ

心理オフィスKは3歳になりました

資格

公認心理師とは

論考

空想と現実からみたカウンセラーの専門性