逆転移

クライエントが主に両親に対して過去に抱いていた感情や態度をカウンセラーに抱くことを転移といいます。それとは反対にカウンセラーがクライエントに対して抱く特別な感情や態度を逆転移といいます。これらはフロイトにとって提唱されました。

逆転移が生じた際、カウンセラー自身にもクライエントと同様の未解決な問題があった場合に、クライエントに過剰に同調したり問題の扱いに防衛的になったりし、治療における中立性を維持することが困難になります。したがって、カウンセラーに逆転移が生じることは、これまで否定的に捉えられる傾向がありました。

しかし現在では、逆転移をクライエントの転移の理解に生かしていく考え方が一般的になっています。それゆえカウンセラーは、熟達者による教育分析やスーパーヴィジョンを受けるなどして、情緒的反応に流されない中立性の維持に努めます。

読書

心理療法・失敗例の臨床研究-その予防と治療関係の立て直し方

読書

現代フロイト読本2

研究会

日本心理臨床学会第38回大会の参加感想記

研究会

日本心理臨床学会第37回参加感想記

論考

発達障害のカウンセリングや精神分析的アプローチ

読書

乳児の対人世界

読書

憎しみを乗り越えて

読書

対象関係論に学ぶ心理療法入門-こころをつかった日常臨床のために-

論考

カウンセリングにおけるカウンセラーの否定的感情

論考

カウンセリングで使える逆転移について