【初回は料金半額】【夜22時まで開室】【土日も開室】【対面でもオンラインでもカウンセリング可】

6つのアダルトチルドレンのタイプとチェックリスト

アダルトチルドレンの6タイプ

アダルトチルドレンかどうかを判断するためのチェックリストがあります。是非一度お試しください。

また、アダルトチルドレンと一口にいっても、さまざまなタイプがいます。ここでは、そのタイプの代表的なものだけを選択し、解説します。

1.アダルトチルドレンのチェックリスト

それぞれの質問項目に「はい」「どちらでもない」「いいえ」にチェックを入れてください。

質問項目








1.私は正しいと思われることに疑いを持つ。
2.私は最初から最後まで、ひとつのことをやり抜くことができない。
3.私は夲音を言えるようなときに嘘をつく。
4.私は情け容赦なく自分を批判する。
5.私は何でも楽しむことができない。
6.私は自分のことを深刻に考えすぎる。
7.私は他人と親密な関係を持てない。
8.私は自分が変化を支配できないと過剰に反応する。
9.私は常に承認と称賛を求めている。
10.私は自分と他人は違っていると感じている。
11.私は過剰に責任を持ったり過剰に無責任になったりする。
12.私は忠誠心に価値がないことに直面しても、過剰に忠誠心を持つ。
13.私は衝動的である。行動が選べたり結果も変えられる可能性がある時でも、お決まりの行動をする。その衝動性は、混乱や自己嫌悪や支配の喪失へとつながる。そして混乱を収拾しようと、過剰なエネルギーを使ってしまう。
合計得点:

12点以上の方はアダルトチルドレンに該当する可能性が高いです。

ただ、この尺度もまだ研究途上のものであり、今後の妥当性と信頼性の研究が続いてきます。ですので、確定的な診断ではありません。参考程度にお考え下さい。

2.アダルトチルドレンの6つのタイプ

(1)ヒーロー(英雄)

勉強やスポーツで良い成績や評価をもらうことを第一としています。しっかり者、頑張り屋さんというように見られることがありますが、そうした努力は自身のためではなく親の期待に応えるために、もしくは家族の雰囲気を悪くしないための防衛的で、後ろ向きな意味合いがあります。

こうした努力が実っている内は良いですが、それが何らかのきっかけで挫折したり、失敗したりしたときに、心がぽっきりと折れてしまい、破綻してしまいます。

(2)スケープゴート(生贄)

ヒーローとは全く反対に、問題行動を起こしたり、過剰に低い成績を取ったりして、家族の中で悪者や問題児の立場を引き受けます。家族の憎しみや怒りや不満、鬱憤を一人で引き受け、そのことにより家族のバランスを取ろうとしているのです。家族の中のゴミ箱的な役割とも言えます。

(3)ロストワン(いない子)

家族の中での存在を消し、いない子どもとして、生まれてこなかった子どもとして家族との関係を断ち、ひっそりと気配を感じさせずに生きていこうとします。

時には迷子になっても家族のだれからも気付かれることがなく、旅行にも連れて行ってもらえず、家の中にはいても、いつも一人で孤独にいます。

(4)ケアテイカー(世話役)

献身的に家族の世話をし、愚痴を聞き、支えることを過剰なまでに行います。それは自己犠牲的であり、自虐的でもあります。家事をしない親に代わって家事をしたり、養育をしない親に代わって弟妹の面倒をみたりします。そして自身のことは何でも後回しにしてしまいます。

そうした家族を維持する機能を一身に背負って家族が崩壊しないように、バランスが取れるに努力をします。

(5)ピエロ(道化師、クラウン)

家族の暗い雰囲気を回避するために、おどけたり、おちゃらけたり、冗談を言ったり、面白いことを言って笑わせたりして明るい雰囲気を作ろうとします。

ひょうきんで明るい性格に一見すると見えますが、過度に雰囲気を読み取り、人の表情を伺い、どうすれば険悪なムードにならないかと常にビクビクしていたりします。

(6)イネイブラー

イネイブラーはケアテイカーとやや似ています。ケアテイカーと同じように、自己犠牲的で、献身的に尽くします。

イネイブラーでは献身的に尽くしますが、その尽くし方が相手のためにならない尽くし方をします。例えば、アルコール依存症の人にために、アルコールをせっせと用意するなどです。相手の依存を助長するような尽くし方をするため、相手がさらにダメになっていきます。

3.まとめ

アダルトチルドレンのチェックリストを提示し、アダルトチルドレンの6つのタイプをそれぞれ説明しました。ただ、これらのタイプは微妙に重なっていたり、似ていたりするため、厳密に分けることが難しいこともあります。

ですので、タイプ分けにこだわるよりも、全体的に見た方が良いでしょう。

アダルトチルドレンをさらに詳しく知りたい方は以下のページをご覧いただけたらと思います。

アダルトチルドレンとは:原因、特徴、治療、カウンセリングなどを解説
アダルトチルドレンは親や近親者から不適切な養育を受け、そのことによって成人してから人間関係や精神疾患、衝動的な行為などの問題・課題を抱えてしまっている人のことを指します。その支援には様々ありますが、カウンセリングが有用であることが多いです。

アダルトチルドレンについての相談をしたい方は以下のページからカウンセリングのお申し込みをしていただけたらと思います。

カウンセリング・申し込み
カウンセリングを希望される方のための申し込みフォームです。
【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
社会問題
フォローボタン
心理オフィスK