【初回は料金半額夜22時まで開室:土日も開室:対面でもオンラインでもカウンセリング可】

オンラインセミナー「横浜精神分析研究会」

人情味のある精神分析を目指して

心理オフィスKの連続セミナーとして「横浜精神分析研究会-ウィニコットと独立学派の臨床-(文献講読と症例検討)」をZoomとGoogleMeetを用いたオンラインで開催します。システムの問題や用事、体調不良などで参加できない時には返金いたします

●テーマ

-ウィニコットと独立学派の臨床-(文献講読と症例検討)

●概要

皆様方には、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

横浜精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。9年目となる2021年度はウィニコットと独立学派に関する一連の論文を取り上げます。ウィニコットの論文は2014年度に取り上げましたが、その時には取り上げられなかった論文やウィニコットに近い精神分析家の論文を読んでいきます。ウィニコットが構築した理論は平易な文章で書かれている反面、非常に多義的で、曖昧でもあります。しかし、その中に人間の本質に迫る含蓄がちりばめられています。またウィニコットをはじめ独立学派の精神分析家は人間性や情緒性、関係性を大切にします。一方では解釈というものに重きを置かない傾向があり、議論を呼んでいます。こうした観点を議論することは、我々の日々行っている臨床に深みと豊かさをもたらしてくれるでしょう。

文献講読の部では参加者で分担して担当論文を要約してもらいます。そして、その上で、講師である北川が論文の解説を行い、それを元に参加者全員で議論します。ちなみに現在では絶版になってしまっている書籍もありますので、お持ちでない書籍についてはこちらでコピーで用意します。

症例検討については参加者の中から毎月1人が発表します。精神分析の症例には特に限りません。一般的な普通のカウンセリングを行っている症例発表で構いません。ただ、可能なら頻度や時間、方法などがある程度構造化された症例にしてもらえたらと思います。発表の方法は、最終2セッションの逐語記録やプロセスノートを持ってくるだけです。症例の概要やこれまでの経過をまとめてくる必要はありません。このことにより発表者の負担が減ると同時に、実際のやり取りを細かく検討することができます。

また、2021年8月1日(日)には東京都済生会中央病院の白波瀬丈一郎先生をお招きして特別セミナーを開催予定です。

●スケジュールと取り上げる論文

日時文献講読症例検討
2021年4月11日ウィニコット 原初の情緒発達(1945)発表の割り振り症例発表1
5月9日ウィニコット 出生記憶、出生外傷、そして不安(1949)症例発表2
6月13日ウィニコット 移行対象と移行現象(1951)症例発表3
7月11日ウィニコット 精神分析的設定内での退行のメタサイコロジカルで臨床的な側面(1954)症例発表4
8月1日白波瀬丈一郎先生の特別セミナー「タイトル未定」
8月8日ウィニコット 本当の、および偽りの自己という観点からみた、自我の歪曲(1960)症例発表5
9月12日ウィニコット 交流することと交流しないこと(1963)症例発表6
10月10日バリント 性格分析と新規薪き直し(1932)症例発表7
11月14日フェアバーン 人格におけるスキゾイド的要因(1940)症例発表8
12月12日ボラス 変形性対象(1979)症例発表9
2022年1月9日ケースメント 心の中のスーパーヴァイザー(1985)症例発表10
2月13日コルタート 楽しみながら生き残る(1993)症例発表11
3月13日オグデン 分析の第三主体(1994)症例発表12

●収録論文の一覧

*お持ちでない書籍については、こちらでコピーを用意します。

●日時

毎月 第2日曜日 文献講読:13:00~15:00、症例検討:15:00~17:00

●講師

北川 清一郎(心理オフィスK代表、臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士)

●オンライン開催

文献講読ではZoomを、症例検討ではGoogleMeetを用います。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。

ZoomもGoogleMeetも参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

また、セミナーではディスカッションもありますので、原則的にカメラやマイクはONにできる環境をご用意ください。

●参加資格

臨床心理士や医師、公認心理師、ソーシャルワーカーなどの守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生など。

●臨床心理士のポイント

日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントについては、2021年度もオンライン開催でも可となるなら申請する予定です。

●日本精神分析学会

文献講読については、日本精神分析学会の認定グループに指定されており、認定資格を得るための要件を得ることができます。

●費用

一般:25,000円、修士課程の院生:22,000円

  • 振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます(初回の日時まで)
  • システム上のトラブルなどで十分にセミナーに参加できなかった場合には返金保証を行います(初回の日時まで)

●アドバイザー

岡達治 先生(岡クリニック院長、日本精神分析学会認定精神療法医・認定スーパーヴァイザー)

●お試し参加

2020年度の横浜精神分析研究会(メラニー・クラインとクライン派の臨床)の最後の日程である2021年3月14日にお試しで参加できます。ちなみに、3月14日の文献講読では「H,ローゼンフェルド 生と死の本能についての精神分析理論への臨床からの接近(1971)」を取り上げます。

【オンライン開催】2020年度 横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)のご案内-メラニー・クラインとクライン派の臨床-
●お知らせ 【重要】新型コロナウイルスのため、オンライン上での開催となりました。2020年7月以降にオンラインでの参加の方は値引き(一般:20,000円、修士課程の院生:17,000円)しています。(2020-06-15)●概要...

参加費は3,000円です。

一度ご参加し、2021年度の通年セミナーへのお申し込みの参考になさってください。申し込みは下記からお願いします。

横浜精神分析研究会 お試し参加 申し込みフォーム

●問い合わせ・申し込み先

参加希望者は以下のセミナー申し込みフォームからお申し込みしてもらえたらとおもいます。

ウィニコットと独立学派の臨床 申し込みフォーム

●要約と解説の一覧

横浜精神分析研究会の文献講読で取り上げた論文の一覧

●過去の案内

タイトルとURLをコピーしました