【初回は料金半額夜22時まで開室:土日も開室:対面でもオンラインでもカウンセリング可】

フロイトの症例狼男にみるセラピスト・カウンセリングへの依存

シュレーバーと狼男:フロイト症例を再読する

金剛出版の「シュレーバーと狼男:フロイト症例を再読する」を読み終えた。

ここまで緻密にフロイトの症例を調べ、また検討していることに感服しました。

ちなみに狼男は重篤な境界例や精神病と言われてますが、精神分析を終えてからもフロイトを理想化し続けていたようです。そうした部分は精神分析の失敗と言っても仕方ないでしょう。精神分析に限らず、心理療法やカウンセリングはセラピストに入れ込みやすいようです。

それを悪用して、搾取したりすることは当たり前ですが、倫理違反です。時に、理想化したクライエントで周りを固めて、教祖的になってしまうカウンセラーもいるようです。

それぞれの価値観や治療観はあるでしょうが、やはりセラピストやカウンセラーはクライエントの人生の一部にしか過ぎませんし、なるべく黒子に徹し、心理療法、カウンセリング終了後は忘れて頂く方が良いでしょう。いつまでも昔のカウンセラーを引きづっていては自立できないので。

そのカウンセリングについては下記を参照してください。

カウンセリングを受けたい人のために:概要、意味、やり方、効果、技法、資格などを解説
カウンセリングを横浜にある当オフィスで受けることができます。そのカウンセリングとは、主には言葉を用い、対話や会話を通してクライエントが困っている人間関係、家族関係、心の問題、職場適応などの問題を解決していく心理学的・臨床心理学的な営為のことを指します。ここではそのカウンセリングの歴史、理念、技法、訓練、資格、効果、倫理について解説しています。
【執筆者情報】

  • 北川 清一郎
  • 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士など
  • 所属学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本EMDR学会、日本臨床心理士会、日本公認心理師協会など
  • 役職:神奈川県臨床心理士会代議員、日本臨床心理士会委員などを歴任
  • 経歴:精神科や心療内科、教育センター、児童相談所、就労支援施設などでの臨床経験は約20年になる。また、臨床心理系の大学などでの非常勤講師を歴任。執筆した論文は多数。メディアや雑誌での出演経験も豊富。
  • 詳細な紹介・経歴
読書
フォローボタン
心理オフィスK